病気の兆候

1. 正しい睡眠習慣を身につける

決まった時間に光環境を整え、朝晩の区別をハッキリさせること

32C3CCE602E64863B88CF708682E5B7A

2. リラックスさせて、血行を促進

タッチと子守歌で赤ちゃんをリラックスさせて、血行を促進させること

EA48939234AB4EA4A2F5B6E3E0D8FA95

3. 眠りをジャマしない

おしっこでおしりに刺激を与えないよう、おしりをさらさらに保つこと

BA9ECBAC20A64F1FB8C9DBBCD58105F3
571AC82A327A41DEAFFFE7E3F7568086
B32222537EF34AE9AC27548A8F2882A4
A312141606104FDBA6F3EDC25789BE2C

監修 “眠りの専門医”遠藤拓郎 先生。医学博士。睡眠医療認定医。近著に「頭のいい子が育つ超・睡眠法」「天才児を育てる!睡眠育児書」がある。

スリープクリニック トップに戻る

Flexible banner