赤ちゃんの目: 色、視力、その他

赤ちゃんの目: 色、視力、その他

赤ちゃんは非常に発達した感覚をもって産まれてきます。 産まれたばかりの赤ちゃんの視力 はまだぼんやりしたものです。でも、赤ちゃんには赤ちゃんを抱くママのことなど、世界で最も大切なものの多くは最初から見えています。

赤ちゃんの視覚的能力は生後2-3ヶ月間で発達していくのが判ります。腕や手のコントロールのような成長とともに、特に視力、動くものを追う追視能力、色知覚などの発達を顕著に感じることができるようになります。

赤ちゃんの視力: 範囲と距離

赤ちゃんはいつから目が見えるようになるのでしょう?また、どのくらいの距離まで見ることができるのでしょう? 産まれたばかりの赤ちゃんの視力 は限られていて、 抱っこするママの顔やベビーベッドの角など赤ちゃんのいる場所から20-30センチ以内のものしかはっきりとは見えません。30センチ以上離れたところにあるものはあまりはっきりとは見えません。この範囲内のものを赤ちゃんはよく観察して見ています。最初のうちは赤ちゃんがママの顔を見る時、赤ちゃんの目はママの目などの顔の一つ一つの部分を見ているでしょうが、しばらくするとママの顔全体を視力の範囲にとらえることができるようになります。

この範囲は徐々に拡大していき、生後3ヶ月にもなるとママが部屋に入ってきたことにも気がつくようになります。あなたに笑いかけることもあるでしょう!1メートルほど離れた場所にあるおもちゃなどを見ることもできるようになります。生後4ヶ月に入り目が発達してくると遠くを見ることができるようになり、窓の外を見たり壁にかかっているものを興味深く見ることもあります。生後7ヶ月頃には視力も上がり、ほとんど大人と同じように見ることができるようになります。

赤ちゃんが生後4ヶ月ぐらいになったら、遊び心を刺激する ためにこちらを試してみてください。

赤ちゃんの視力: 動くものを追う

赤ちゃんの視力の発達の一つに追視、目で動いているものを追う能力があります。大きくなって道路をわたる時に車の動きを理解するなどのように、これは周りの世界を知り安全に移動するための非常に重要なスキルです。

ガラガラなどを赤ちゃんの顔の前で動かし、赤ちゃんがどのようにガラガラを見ているかをチェックして見ましょう。生後2ヶ月もすると運動神経がよくなり両方の目でガラガラの動きを追うことができるようになります。赤ちゃんが近くに来るものや離れていくもの物を追ったりする学習を重ね、生後5ヶ月にもなると奥行き知覚が発達してきて周りにある立体的なものを認識することができるようになります。

赤ちゃんが生後3ヶ月ぐらいになると腕や手を目の前でパチパチと叩いたりするようになるでしょう。(たいていは上手くいかないでしょうが。) 視覚と手の運動神経の学習 は赤ちゃんとママにとって大きな楽しみとなるでしょう! 時間とともに赤ちゃんの 運動技術 は発達し、赤ちゃんの追視能力も発達していきます。3-4歳にもなると投げられたボールを追ったり、手を伸ばしてボールをつかむこともできるようになります。

赤ちゃんの視力: 色に対する知覚

産まれたばかりの赤ちゃんが認識する色は大抵が黒と白だと言われています。赤ちゃんの眼の後ろにある色を識別する細胞が産まれたばかりの頃はまだ十分に発達していないためだと言われています。いつから赤ちゃんは色が見えるようになるの?と思われるかもしれませんね。およそ生後1ヶ月で赤ちゃんは色の明るさや彩度が判り、生後3ヶ月にもなると赤色を含むいくつかの基本的な色が見え始めるようです。生後4ヶ月にもなると赤ちゃんの色覚はかなり発達し、たくさんの色や色調を認識できるようになります。

さて、赤ちゃんにはなにが見えるのでしょうか? 例えば携帯電話を見せて赤ちゃんが色や模様にどのように反応するかを見てみましょう。生後1ヶ月の頃ははっきりした黒と白のデザインとか濃い対象の色などに興味を示すでしょうが、生後3ヶ月頃になるとうずまきなどの丸い模様やオス牛の目などを好むようになるかもしれません。

月の経過とともに赤ちゃんの成長を楽しみ、新しい能力や努力したできたことの喜びを赤ちゃんと分かち合ってあげてください。赤ちゃんの成長段階に興味をもたれたら、3-9ヶ月の赤ちゃんの成長 をお読みください。また、赤ちゃんの視力について質問や不安があれば、かならず医師に相談するようにしましょう。

今、あなたにオススメ: