ポイントプログラム
疝痛(せんつう)の対処法

疝痛(せんつう)の対処法

赤ちゃんは普通生後 3 週間から 3か月にかけて最も良く泣き、特に午後から夕方にかけて激しく泣きます。それは「疝痛」と呼ばれるものかもしれません。


疝痛(せんつう)とは?

赤ちゃんはみんな泣きます。世界中どこの赤ちゃんもそうです。普通、生後3週間から3ヵ月にかけて最も良く泣き、特に午後から夕方にかけて激しく泣きます。 赤ちゃんの泣き方や時間は温度や環境によっても違いますが、3時間以上泣く日が週に3日以上あり、それが3週間以上続くならそれは恐らく「疝痛」と呼ばれ るものです。「たそがれ泣き」、「3ヵ月コリック」などと呼ばれることもあります。


疝痛の具体的な原因と治療方法は分かっていないので、お母さんやお父さんはイライラしてストレスが溜まることでしょう。最も有力な説は、赤ちゃんの いろいろな体験が未熟な神経系統の負担になり、その結果、胃や腸や筋肉など、赤ちゃんの体の器官が過剰に反応するというものです。このため、落ち着かなく なって泣いてしまうのです。敏感で活発な赤ちゃんほど、このパターンに当てはまりがちです。
疝痛は遺伝するとも言われています。成長するにつれ神経系統が成熟して、不愉快な事象にうまく対処できるようになるので落ち着いてきますが、それまでは手がかかるでしょう。その間、お母さんやお父さんには何ができるでしょうか。

疝痛の赤ちゃんのなだめ方

ここでは、多くの人が実践してきた泣く子のなだめ方を紹介しましょう。


・動きを与える
ラックに乗せてあやしたり車に乗せたり、腕に抱いてゆらしたりしましょう。少しおおげさと思えるくらいの動作で大丈夫です。いろんな動きを試してみましょう。


・音を聞かせる
耳に心地よい音楽、歌声、扇風機の回る音、電気製品から聞こえる音などが良いでしょう。


・赤ちゃんに触れる
午前中の早い時間(機嫌のいいとき)に赤ちゃんを抱っこしていると、夕方以降に泣く 時間が目に見えて減るという調査結果が出ています。しかし、泣く頻度については明らかになっていません。泣き始めたら、背中をさすったりおなかにそっと手 を置いてあげたり、毛布でくるんであげると良いでしょう。


・ストレスを発散させる
お母さんやお父さんが努力すればするほど、それが負担になって余計に泣いてしま うことがあります。その場合は赤ちゃんをタオルケットなどにくるみ、ふとんの上におろして思う存分ストレスを発散させてあげましょう。これは、特にお母さ んやお父さんも赤ちゃんのお世話で精神的に参っているときに役に立つ方法です。

疝痛ではない場合とは?

まれに、母乳育児をしているお母さんの食事が原因で、赤ちゃんの機嫌が悪くなるケースがあります。たばこ、アルコールはもちろん、強い香辛料、ぶどうなどで 母乳の味が変わり、赤ちゃんが嫌がったり、母乳を飲まなくなることもあります。油類の摂りすぎにも注意するべきでしょう。
ミルクで育てている赤ちゃんの場合は、ミルクの種類を変えてもほとんど効果はありません。心配ならば医師の診察を受けましょう。当然ながら、赤ちゃんは病気やけがでも泣きますので、これらにも注意が必要です(「病気の兆候」を参照してください)。

今、あなたにオススメ:

おむつ

パンパースのはじめての肌へのいちばん

何より守ってあげたい肌だから『5つ星の肌へのやさしさ』