ポイントプログラム
双子?それとも三つ子?多胎妊娠はどう違うのか?

双子?それとも三つ子?多胎妊娠はどう違うのか?

びっくり!大家族を望むあなたの願いが一度に叶うようですね!あなたの妊娠は必然的に特別なものとなります。単胎妊娠と少しだけ違う、というわけではありません。どのように特別なのでしょう

初期の視認 産科的超音波検査のおかげで、多胎児は妊娠6週目という早さで視認することが出来ます。一人の心音を他の子の心音と聞き分けるのは難しいかもしれませんが、あなたの担当医は各胎児の1分当たりの心拍数を数えるでしょう。

多胎妊娠の違いまず、あまたは自動的にハイリスク患者となります。たとえ元気でも、双子や品胎(三つ子)以上の多胎妊娠(HOM)には特別なリスクが伴います。あなたはハイリスク妊娠に対応する訓練を受けた母胎愛児医学(MFM)の専門家のところへ行くように言われるでしょう。単胎妊娠に比べ、おそらく妊婦健診や血液検査 の回数が多く、超音波検査もより頻繁に受けることになります。

一卵性双生児と二卵性双生児

一卵性双生児 この種の双子は卵子がふたつの胚に分かれた場合に起こり、結果として「そっくりな」赤ちゃんが産まれます。 両方の赤ちゃんが同じ羊膜嚢の中に入っていることがあり、この場合へその緒に絡まるような問題のリスクが高まります。もう一つのリスクは双胎間輸血で、双子の片方がほとんどの栄養を受け取り、もう片方の発育が阻害されるというものです。 妊娠中、医師が常に各胎児のサイズを測るのはこのためです。

二卵性双生児 ふたつ(またはそれ以上)の卵子が同時に受精し複数の胚が出来ます。 この場合、そっくりな双子の場合と兄弟のような場合があり、また三つ子も有り得ます。二卵性双生児の最大のリスクは早産です。

早産これはどの多胎妊娠においても最も重大なリスクと考えられています。双子やHOM妊娠では、子宮内の空間を共有しなければならないため、それぞれの赤ちゃんは比較的小さい傾向にあります。40週より1週間早く産まれることはさほど悪いことではありませんが、36週に満たずに赤ちゃんが産まれるということは、呼吸や哺乳の問題を抱えることを意味します。





準備が大切赤ちゃんたちのためにあなたに出来ることは、体調に気をつけ、全ての妊婦健診を受けることです。 あなたは合併症にかかるリスクも高いので、小さな赤ちゃん達に合う日まではゆっくりと過ごしましょう!


今、あなたにオススメ:

おむつ

パンパースのはじめての肌へのいちばん

何より守ってあげたい肌だから『5つ星の肌へのやさしさ』