子供にはつながりを持たせよう

靴の空き箱なんかにお子さんの絵をしまっておくのではなく、お子さん専用のギャラリーを作りましょう。その方法をお教えします。

トイレ・ギャラリー 作品を掛けるスペースを取りますが、カラフルで鮮やかなお手洗いは、お客さんからの称賛の的となるでしょう。統一感のある額に入れてもいいですし、剥がせるテープで貼るだけで出来上がり。

スクラップブック アルバムの表紙にお子さんに絵を描いてもらい、良く見えるようにお子さんの名前を書くか貼り付けるかします。このスクラップブックを居間のコーヒーテーブルの上に置いておけば、お子さんがいつでもお客さんに見せることができます。

キルト お子さんの作品を撮影し、パソコンに保存します。お子さんのお気に入りの絵を布に印刷し、縫い合わせてキルトに仕上げます。ずっと長い間使ってくれることでしょう!

物干しロープ お子さんのベッドルームに物干しロープを張り、作品をクリップで留めます。ロープを張るには、部屋を横切る壁それぞれに取り外し可能のフックを付けます。その間にロープを張って、クリップで作品をぶら下げます。

ランチョンマット お子さんの作品をラミネート加工すれば、簡単に汚れが拭き取れるランチョンマットの出来上がり。

カレンダー 12の作品を使って1つのものを作る素晴らしい方法です。作品をスキャンして、オンラインフォトサービスにアップするだけ。おじいちゃん、おばあちゃんや名付け親への素敵なプレゼントの出来上がり!

Flexible banner