赤ちゃんの虫歯を防ぐ健康習慣

赤ちゃんの虫歯を防ぐ健康習慣

赤ちゃんの虫歯予防は大切です。最初の歯が生える前からできることをご紹介します。


赤ちゃんに健康な歯が生えそろうためにやるべきことは、最初の歯が生えてくる前でも始められます。

赤ちゃんの歯ぐきを湿ったおしぼりで食事のあとに拭くことで、潜んでいる可能性のあるバクテリアをしっかりと減らすことができます。

赤ちゃんに最初の歯が生えたことをお祝いした時から、その歯をどのように健康に保つかが気になるのは自然なことです。

乳歯は赤ちゃんが6歳くらいになるくらいまで使うもので、永久歯ほど長く使うわけではないにしても、永久歯の代わりの役割を果たすものなので、歯を健康に保つために、赤ちゃんの歯ケアは必要です。

赤ちゃんの最初の歯が生えたら、濡れた毛先の柔らかいブラシか、柔らかい生地の歯磨きシートで手入れをし、3歳までは米粒大、多くてもエンドウ豆ほどのサイズにとった子ども用歯磨き粉をそれらにつけた手入れに移行していきます。

乳歯の虫歯は、歯に残り付着した糖が酸となりエナメル質を破壊することによって引き起こされます。この糖は食事のあとに口内に残った母乳やミルク、ジュースや食べ物によるものなので、食後すぐ歯磨きをするのが一番いいでしょう。

寝ている間は唾液の量が減少し、糖がより歯に残りやすくなって虫歯の原因となるため、お昼寝や就寝前の授乳後に水を飲ませるのはよいアイデアです。

乳歯の虫歯は上の前歯にできるのが典型的です。赤ちゃんが哺乳瓶から飲むときに最初にあたるのが前歯だからです。乳歯の虫歯が「哺乳瓶う蝕(ボトルカリエス)」と呼ばれるのはそのためです。

カルシウムが豊富な食品は歯によく、また早い段階でよい習慣を身につけさせることは将来的に有益です。軽く蒸したブロッコリーやニンジンをおやつとして与えることは健康な歯を保つためによい方法です。砂糖を控えることは、赤ちゃんの歯と全身の健康にとって助けとなるものですから、とくに就寝前には甘いおやつを避けるようにしましょう。

赤ちゃんの虫歯の最初の兆候として、歯ぐきとの境にチョークのような白い部分が現れます。しかし早期の治療で悪化は避けることができます。

赤ちゃんが12ヶ月になってからは、半年に1回は歯医者へ行き、歯をよい状態に保つようにしましょう。

今、あなたにオススメ: