歯ぐずり期の赤ちゃんを落ち着かせる8つの方法

歯ぐずり期の赤ちゃんを落ち着かせる8つの方法

歯が生えてきてぐずる赤ちゃんの世話をするのはたいへんですから、赤ちゃんの痛みと不快感を和らげる方法やコツを知っておくことが大切です。これらの家庭でできる対処法は、歯ぐずり期の乳児に安らぎをもたらすでしょう。


歯の生える時期に歯茎がむずむずしてぐずっている赤ちゃんを見るのも、その不快感を和らげる方法を知らないのもつらいことです。赤ちゃんを痛みから救う歯ぐずり対策をいくつかご紹介します。

1.冷やしたフルーツ

冷やしたバナナは、歯が生えてきている赤ちゃんの歯ぐきの不快感を和らげるとてもよいヘルシーなおやつです。のどに詰まらせる危険を避けるために、離乳食フィーダーにフルーツを入れて、赤ちゃんが舐めたり吸ったりできるようにして与えてください。離乳食フィーダーを利用しているなら、蒸したりんご、いちご、マンゴー、熟した西洋梨など他の種類のフルーツを試してみるのもよいでしょう。

2.冷たいおしぼり

清潔なおしぼりを水につけてから、少し湿っている程度まで絞り、冷蔵庫に入れます。冷えたら小さくたたんで赤ちゃんに噛ませましょう。注意:のどに詰まらせる恐れがあるため、子どもから目を離さないようにしてください。

3.金属スプーン

冷たい金属は赤ちゃんを落ち着かせるにはとてもいい道具です。キッチンの引き出しにあるティースプーンを冷蔵庫で冷やし、赤ちゃんの歯ぐきをスプーンの背でなでてあげましょう。

4.歯ぐきマッサージ

手を洗ったら、赤ちゃんのもとに座って、赤ちゃんの歯ぐきをぐるぐると円を描くような動きでやさしくマッサージしましょう。

5.冷やした非ゲル系の歯固め

赤ちゃんのお気に入りの歯固めを清潔な状態で冷蔵庫へ入れて、赤ちゃんに渡す前に冷やしておきます。赤ちゃんのお気に入りの動物でもフルーツでも、形は何でもかまいませんが、赤ちゃんが持ちやすいものであることが重要です。

6.よだれ掛け

歯が生えるときには、とくに多くのよだれが垂れます。赤ちゃんの服をよだれ掛けやネッカチーフで保護しましょう。赤ちゃんの顎を拭くためにティッシュやよだれ拭きを探すよりも、こちらのほうが断然楽です。かぶれや炎症を避けるために、やさしくこまめに拭くことが大切ですが、やりすぎると擦れによる炎症を引き起こしてしまうので気を付けてください。

7.ママの抱っこ

お母さんとの時間が一番の薬であることがよくあります。座り心地のいい椅子を選んで赤ちゃんと一緒に座り、落ち着く音楽をかけて、やさしく赤ちゃんを揺らしましょう。赤ちゃんとお母さんの両方が必要な休息を得られ、心地よい抱っこの静かなひとときとなるでしょう。

8.薬の服用

アセトミノフェン、イブプロフェン、パラセタモールなどを使用する前には、必ずかかりつけの小児科医に相談しましょう。粉末のホメオパシー薬は有効な場合もありますが、やはり使用前には医療機関に相談してください。

今、あなたにオススメ: