乳児脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎とは? 赤ちゃんの肌の不快感を減らすには?

赤ちゃんの頭皮や体にうろこやかさぶたのようなものを見つけたことがありますか?これは乳児脂漏性皮膚炎とか新生児頭部皮膚炎と呼ばれるものです。見た目が気になるでしょうが、このような状態は赤ちゃんに良く見られるもので、赤ちゃんには害はなく数ヶ月もすれば落ち着いてきます。残念ながらすぐに効く脂漏性皮膚炎のケア方法はないのですが、赤ちゃんの肌の不快感を減らす方法はいくつかあります。

乳児脂漏性皮膚炎とは?

乳児脂漏性皮膚炎はぶ厚くて硬く脂っぽいかさぶたからできていて、産まれたての赤ちゃんの頭皮に見られるものです。少し赤みがかっていたり、発疹のようなものもあります。 乳児脂漏性皮膚炎は赤ちゃんの耳やまぶた、鼻などの顔の上や足の付け根にでてくることもありますが、感染することはなく、一般的に痛みや痒みを伴うものではないので安心してください。また、痕が残ることもありません。

頭部皮膚炎の症状は湿疹やふけと混同されがちです。医師に相談し、診断をしてもらいましょう。皮膚炎と違い、一般的に頭部皮膚炎には痒みがなく不快感を伴いません。

乳児脂漏性皮膚炎 は赤ちゃんが少し大きくなった2~4歳の幼児期頃の後期新生児期に見られることもあります。 2~3ヶ月ほど症状が見られますが、自然に落ち着いてきます。1年以上続くケースもありますので、シャンプーやクリームを使ってケアをするようにしてあげましょう。

乳児脂漏性皮膚炎の原因

乳児脂漏性皮膚炎の原因は知られていませんが、専門家によると衛生的問題やアレルギーが原因ではないようです。妊娠中に母親の妊娠ホルモンがお腹の赤ちゃんに影響を与えた結果、皮脂腺や毛包で皮脂が分泌過多となり、皮膚細胞が詰まってしまうことが原因とも言われています。他に考えられる原因としては皮膚の常在菌であるマラセチアがあります。この菌が皮脂内部で細菌とともに繁殖していくことが原因であるとも考えられています。

乳児脂漏性皮膚炎を予防するために、肌に優しい赤ちゃん用のシャンプーで2-3日おきに髪の毛を洗ってあげるようにしましょう。

乳児脂漏性皮膚炎のケア対応策は?

ぶ厚い白や黄色のかさぶたを取ることは簡単ではありませんが、下に記した乳児脂漏性皮膚炎のケア対策が役に立つかもしれません。毎日の入浴で頭皮や顔を清潔に保つことが大切です。

  • 赤ちゃん用のシャンプーで1日1回、赤ちゃんを清潔に保ってあげましょう。. 乳児脂漏性皮膚炎の赤ちゃんでも使える赤ちゃん用シャンプーをかかりつけの医師に勧めてもらいましょう。
  • 柔らかい毛ブラシを使い、かさぶたをほぐすように優しく髪をとかしましょう。皮膚をこすらずに、はがれたかさぶたは水で洗い流してあげてください。
  • かさぶたがはがれない場合、ワセリンを頭皮にマッサージしてあげると取りにくい乾燥した肌も外れやすくなります。シャンプーの後は赤ちゃんの髪を水で洗い流してあげてください。

いつ医師へ相談するの?

シャンプーを使っても改善しない、乳児脂漏性皮膚炎が悪化しているように見える、赤ちゃんの顔や体にまで広がってきているなどの症状に気がついたときは、医師に相談しましょう。 医師は薬用シャンプーやクリーム、抗真菌薬を処方してくれるはずです。乳児脂漏性皮膚炎の自然療法や自宅療法について聞いたことがあるかもしれません。興味があれば、医師に問い合わせてみましょう。

乳児脂漏性皮膚炎は見た目の症状はひどく見えるかもしれませんが、やがてきれいになっていきます。赤ちゃんのスキンケアおむつかぶれの対処法と治療法 も是非、併せてお読みください。

今、あなたにオススメ: