マタニティヨガ

マタニティヨガ: 知っておきたいこと

1
1 分で読めます

妊娠中にお勧めと言われる運動の良いところや悪いところを調べていますか?もし、そうであれば、 健康維持ができて体が柔らかくなるヨガがお勧めですよ。また、ヨガはストレス解消にもいいんです。すでにヨガをやっているママも、はじめてやってみようかと考えているママも、マタニティヨガはリラックス効果もあり楽しいですよ。陣痛や出産に備えて妊娠中のママの心の不安を軽くし、体力づくりにも効果があります。

この記事の内容

どうしてマタニティヨガがいいの? 妊娠時期に応じたマタニティヨガ マタニティヨガでやっていいこと、やってはいけないこと

どうしてマタニティヨガがいいの?

はじめてヨガをする妊娠中のママにお話します。ヨガには筋肉をほぐす効果があり、背中や腰の痛みを和らげてくれるポー��が幾つかあります。妊娠中のママに適した多くのポーズは、関節への負担が少ないもの。ヨガが他の運動よりも安全で快適と言われるのは、こう言った理由があるのですね。

マタニティヨガでは、呼吸方法やメディテーション(瞑想)、また、妊娠中のママが出産時に経験するストレスや痛みへの対処法などのプログラムが組まれています。自宅のリビングルームでもできますし、ヨガのクラスに通うこともできますね。ヨガのクラスに通うと、妊娠中の他のママと友達になったりして、妊娠中の体験などの情報交換もできますね。

妊娠時期に応じたマタニティヨガ

他の運動もそうですが、妊娠時期にあったマタニティヨガをやっていきましょう。

妊娠初期

出産予定日が分かったら、妊娠中にヨガを始めていいのか、ヨガを既にやっているママは続けてもいいのか、お医者さんに聞いてみましょう。妊娠が判ったら、経験豊富なマタニティヨガのインストラクターを探すか、今通っているインストラクターに妊娠を伝えましょう。この時期に禁止されていることはそう多くないですが、ゆっくりと無理のないヨガをやりましょう。

妊娠中期

妊娠中のママの体の変化とバランス感覚の移り変わりに気をつけましょう。さらにゆっくりと動くようにして、苦手な姿勢を長い間やりつづけるのはやめておきましょう。横になる時はママの上半身を上げるために、ブロックウェッジや枕をつかってもいいでしょう。

妊娠後期

この時期には、ゆっくりと動いて、十分に注意するようにしましょう。壁の前で立つポーズもいいですし、ふらつくことのないように椅子を使うのもいいですね。ヨガブロックやヨガベルトを使うとママも安定します。ゆっくりと動いて、あまり長い時間やりつづけるのは止めておきましょう。

マタニティヨガでやっていいこと、やってはいけないこと

やっていいこと

  • 水分を十分に補給する — ヨガをやる前、やっている最中、やったあとは十分に水分を取りましょう。
  • ママの体に良いことをしましょう。苦痛を感じたら、すぐに止めましょう。
  • 休憩を取りましょう。
  • ゆったりとした服を着るようにしましょう。
  • どんな運動でも、始める前にお医者さんに相談しましょう。

やってはいけないこと

  • 妊娠初期以降、仰向けに寝そべる。
  • 逆立ちや肩立ち、逆向きのポーズ
  • 下腹部の筋肉を伸ばしすぎる
  • ホットヨガはやめましょう。

ヨガは妊娠中のママの健康に良いだけではありません。ランニングを含む妊娠中の運動 や ケーゲル体操 など妊娠中にできる他の運動も知っておきましょう。

Flexible banner

今、あなたにオススメ: