お腹にいるベビーのために今のうちに知りたい9のこと

ストレス解消

妊娠中のストレスは、お母さんにとってもお腹の赤ちゃんにとっても好ましくありません。不安な気持ちを高め、睡眠や食欲に影響することもあります。妊娠中の各期間にどのようなことが起こるのかをあらかじめ知っていれば、ストレスも緩和されるでしょう。例えば1日1回のエクササイズ、といった簡単なストレス解消法を実践すれば、随分気分が変わるでしょう。

ストレスを感じ過ぎ?

妊娠中はストレスが貯まりやすく、感情の起伏も大きくなります。たまにすごく不安を感じたり、うんざりした気持ちになったりするのはよくあることです。ただし、不眠、頭痛、食欲不振、過食等の症状が現れた場合、ストレスを緩和させる方法を見つけなくてはなりません。妊娠中のストレスは、自分だけでなく、お腹の赤ちゃんにも影響を与えると言うことを忘れないで。

こんなストレス緩和法を試してみましょう:

  • 毎日の生活を見直して、改善できそうな点を見つけ出しましょう。勤務時間は削減できませんか?家で誰かに手伝いを頼めませんか?出産後に先延ばししても良いことはありませんか?

  • 妊娠中の気持ちについて誰かに相談してみましょう。

  • 毎日散歩をしましょう。運動は緊張をほぐします。

  • 温かい泡風呂に浸かって気分を落ち着かせるような音楽を聴くのもストレスの軽減につながります。

  • 瞑想のようなリラクゼーション手法を学んでみましょう。心を空っぽにして身体を落ち着かせることで、気分は随分良くなるでしょう。

妊娠後期のアドバイス出産について知りたい方は、こちらをクリックください。

本記事の内容について
本記事に掲載されている情報は、信頼のおける医療機関や政府機関からの情報にもとづいたものです。 参考及び参照のリンクにつきましては、以下をご参照ください。また、掲載された内容につきましては十分な注意を致しておりますが、医療従事者などの専門的な意見に取って代わるものではありませんので、ご注意ください。 診断や治療法につきましては、必ず 医療従事者などの専門的な意見を聞いていただきますよう、お願い申し上げます。

Flexible banner