妊娠中の便秘

妊娠すると、ママの体に多くの変化が現れます。妊娠中の便秘もママが経験する体の変化の1つです。 便の回数が減ったり、便をする時に不快な症状を感じる時は、便秘の可能性が高いです。でも、ご心配しなく!妊娠中に便秘を経験するママは多くいます。妊娠中の便秘の原因、不快な妊娠中の便秘の症状の解消法をご紹介していきます。

妊娠中の便秘の原因は?

排便は毎日あるのが理想的ですが、妊娠に関わらず、便秘にはなってしまうものです。妊娠中のママの場合、妊娠中期から妊娠後期 にかけて、便秘の症状が現れることが多いと言われています。妊娠中はなぜ、便秘になりやすいのでしょう?妊娠中の便秘の原因を下にまとめてみました。

  • 妊娠中にプロゲステロンなどの妊娠ホルモン が増えて、腸の動きが弱まります。

  • 妊娠中はお腹の赤ちゃんに鉄分が必要となり、ママの鉄分が不足します。鉄分を含むサプリの影響で、消化器官の動きに影響を与えることも。

  • ママの子宮が大きくなり、腸を圧迫します。妊娠前にも便秘の症状があったママは、さらに悪化してしまいます。

妊娠の便秘の予防法やお家でできる対処法は?

排便の回数が少なかったり、便が硬くてなかなか出ないなどの症状があると、お腹が張って苦しく、非常に辛いですよね。これらの便秘の症状は、ママが妊娠している時やさらに他の痛みの症状 があると、さらに不快に感じてしまいます。 これまで便秘になんてなったことがなかったのに、妊娠したら便秘になってしまった。妊娠中の便秘の奇跡的な治療法とか、妊娠中の便秘を解消してくれる魔法の薬はない?とストレスを感じているママもいるはず。でも、残念ながら妊娠中の便秘の薬はありません。まずは、妊娠中の便秘を防ぐために普段の食生活 や運動量を見直してみましょう。 妊娠中になりやすい便秘の症状。おススメの妊娠中の便秘解消法や予防法を下にまとめてみました。

  • 水分をしっかりと摂りましょう。水や100%のフルーツジュースなどの水分摂取を心がけましょう。

  • 食物繊維を多く含む食品を摂りましょう。食物繊維は腸内の環境を整えるだけではなく、腸内細菌の働きを助けたり、腸を刺激して排便を促す効果があります。野菜や果物、穀類、豆類、キノコ類、海藻、昆布、ひじき、わかめ、こんにゃく、里いも、大麦、オーツ麦、小豆やおからなどは食物繊維を多く含む食品です。妊娠中は積極的に摂るようにしたいですね。但し、食物繊維を含む食品を食べると、腸内でガスが発生しやすくなり、おならの回数が多くなることも。空気をたくさん飲み込むことのないよう、ご飯を食べる時には、ゆっくりよく噛んで食べることが大切です。炭酸飲料やチューイングガムは避けるようにしましょう。

  • 妊娠中も適度な運動 をしましょう。妊娠中にできる安全な運動をお医者さんに聞いてみましょう。ウォーキングなどの軽い運動でも、腸の働きが活発になり、排便に繋がります。

  • 便意を我慢したりはしていませんか?空っぽの胃に朝食が入ることで、排便の作用が活発に行われます。朝食の後はトイレに行くおススメの時間帯です。毎日朝ごはんをきちんと食べたり、朝に冷たい水や牛乳を飲んだり、便意がなくてもトイレに行く習慣をつけていきましょう。

今すぐに妊娠中の便秘を解消したい場合は?

生活習慣を見直しても便秘が解消しない。そんな時はお医者さんに相談してみましょう。お医者さんが市販の便秘薬を勧めてくれることもあります。便秘薬を飲むことで素早い効果を期待できますが、基本的に便秘の問題を解消してくれるわけではありません。便秘薬には色々な種類があります。

  • 膨張性下剤は、水分を吸収させて便を軟らかくし、腸を大きくすることで、腸を刺激して排便を促します。たくさんの水と一緒に飲み用にしましょう。

  • 浸潤性下剤は便中に水分を浸透させて便を柔らかくすることで、排便を楽にします。

  • 刺激性下剤に含まれる成分が小腸を刺激して、排便を促します。

関連する記事

健康的な妊娠
妊娠中のホルモンについて知っておきたいこと

妊娠中の便秘による合併症に気をつけましょう

便秘の症状が数週間かそれ以上続く場合、慢性の便秘の可能性もあります。ただの便秘だと簡単に考えていると、症状がさらに悪化して便秘の合併症が現れることもあります。

  • 痔:肛門を閉じる役割をする部分がうっ血してふくらんだ状態です。

  • きれ痔(裂肛):肛門部分の皮膚が切れたり、裂けている状態です。

  • 滞留便:便秘の状態で排出されず、腸内に長く留まっている老廃物を滞留便と呼びます。

  • 直腸脱:肛門から直腸が脱出する状態です。

便秘を放っておくと、深刻な合併症を引き起こすことがあります。便秘かな、と思ったら、早めにお医者さんに相談しましょう。

よくある質問

妊娠初期にも便秘の症状が見られますが、どちらかと言うと妊娠後期に便秘の症状がよく見られます。

妊婦中のママの約 3 人に 1 人が便秘に悩んでいるとも言われています。プロゲステロンというホルモンにより腸の働きが弱くなったり、ママの子宮が腸を圧迫することが、妊娠中の便秘の原因です。便秘かなと思ったら、お医者さんに相談したり、今回ご紹介した日々の生活習慣を見直してみましょう。便秘の症状が改善して気持ちがすっきりとしたら、ベビー用品を買いに行ったり、赤ちゃんの部屋のデザインを考えたり、少し横になって休んでみましょう。 今回は妊娠中の便秘についてご紹介しましたが、妊娠中に下痢の症状 を経験するママもいます。 妊娠中の下痢は、食中毒や何かの細菌が原因の場合もあります。すぐにお医者さんに診てもらいましょう。

本記事の内容について
本記事に掲載されている情報は、信頼のおける医療機関や政府機関からの情報にもとづいたものです。 参考及び参照のリンクにつきましては、以下をご参照ください。また、掲載された内容につきましては十分な注意を致しておりますが、医療従事者などの専門的な意見に取って代わるものではありませんので、ご注意ください。 診断や治療法につきましては、必ず 医療従事者などの専門的な意見を聞いていただきますよう、お願い申し上げます。

あなたの赤ちゃんは 何枚のおむつを使った?

スワイプして赤ちゃんの月齢を選ぶ

赤ちゃんの月齢を選ぶ

  • か月
    240
  • か月
    480
  • か月
    720
  • か月
    960
  • か月
    1200
  • か月
    1440
  • か月
    1620
  • か月
    1800
  • か月
    1980
  • か月
    2160
  • か月
    2340
  • か月
    2520
  • か月
    240
  • か月
    480
  • か月
    720
  • か月
    960
  • か月
    1200
  • か月
    1440
  • か月
    1620
  • か月
    1800
  • か月
    1980
  • か月
    2160
  • か月
    2340
  • か月
    2520
  • か月
    240
  • か月
    480
  • か月
    720
  • か月
    960
  • か月
    1200
  • か月
    1440
  • か月
    1620
  • か月
    1800
  • か月
    1980
  • か月
    2160
  • か月
    2340
  • か月
    2520
  • か月
    240
  • か月
    480
  • か月
    720
  • か月
    960
  • か月
    1200
  • か月
    1440
  • か月
    1620
  • か月
    1800
  • か月
    1980
  • か月
    2160
  • か月
    2340
  • か月
    2520
  • か月
    240
  • か月
    480
  • か月
    720
  • か月
    960
  • か月
    1200
  • か月
    1440
  • か月
    1620
  • か月
    1800
  • か月
    1980
  • か月
    2160
  • か月
    2340
  • か月
    2520
  • か月
    240
  • か月
    480
  • か月
    720
  • か月
    960
  • か月
    1200
  • か月
    1440
  • か月
    1620
  • か月
    1800
  • か月
    1980
  • か月
    2160
  • か月
    2340
  • か月
    2520
  • か月
    240
  • か月
    480
  • か月
    720
  • か月
    960
  • か月
    1200
  • か月
    1440
  • か月
    1620
  • か月
    1800
  • か月
    1980
  • か月
    2160
  • か月
    2340
  • か月
    2520

あなたの赤ちゃんが使ったおむつは

result-image
おむつを使うたびに貯まるポイントを素敵なギフトに交換!