妊娠中の下痢

下痢の話は誰にとっても楽しい話ではありません。だからと言って、恥ずかしがるものでもありません。妊娠中にも下痢になってしまうことはあります。 まれに、妊娠中の下痢の症状は早産のサインのこともありますが、通常、食中毒などの食べたものが原因であることが多いです。妊娠中の下痢の原因、下痢になった時の対処法、お医者さんに診てもらう時についてご紹介します。

下痢の症状は?

下痢を経験したことのない人は少ないでしょう。下痢とは「便の水分が多すぎる状態」のこと。一般的に、下痢症とは便の水分が過剰になった状態のことで、その定義としては便の性状が軟便、又は水様便で1日に3回以上の排便を認める場合を指します。下痢になると以下の症状が現れます。

  • 便がドロ状に柔らかくて、水っぽい。

  • 急に排便を感じる

  • 下腹部の痛みやけいれん

  • おなかが張って苦しい、ガスが溜まっている感じがする

  • 吐き気

  • 便に血が混じる

  • 熱がある

妊娠初期の下痢

下痢は妊娠初期の症状 ではないですが、妊娠初期 に下痢を経験したり、消化器官の不調を感じるママもいます。

妊娠初期のママの体には色々な変化が表れ始めます。また、妊娠初期には頻尿、便秘や軟便など排便に影響が出ることもあります。例えば、妊娠中にはプロゲステロンの分泌が増えて、胃など消化器官の動きも鈍くなり、便秘の原因となってしまいます。

妊娠中の食生活や栄養 を見直すことで、妊娠中のママの排便が改善したということもあります。例えば、食物繊維を多く含む食材や妊娠中に必要なビタミンを積極的に摂ることで、 腸の動きが活発になり、排便を促します。

通常、果物や野菜、穀物などの食物繊維を多く含む食材を食べることで、便秘解消への効果が期待できます。でも、食生活の急激な変化でおなかにガスが溜まったり、下痢やけいれんなどの症状を引き起こすこともあります。

また、水分を充分に摂ることも、便秘への効果が期待できます。下痢の症状が出ている時には、水分補給をしっかりとして、脱水症状を防ぐようにしましょう。妊娠初期にお腹にガスが溜まったり、下痢などの症状が出ている時には、お医者さんに相談しましょう。

ママの出産予定日はいつでしょう?妊娠したばかりでまだ出産予定日が判らないママは、パンパースの出産予定日計算ツール を使って、出産日予定日を確認しましょう。出産まで、パンパースが妊娠中のママとパパを応援します。

関連する記事

妊娠の兆候
妊娠初期の背中の痛みはどう対処したらいいの?

妊娠中の下痢は早産のサインなの?

下痢の症状の有無に関係なく、妊娠37週目 に下腹部に軽いけいれんを感じた時には、早産につながる可能性があります。

妊娠中の下痢の症状以外に早産のサインには以下のものがあります。

  • 膣からのおりものの変化。血が混じったり、水っぽい 粘液 が出ている

  • 膣からのおりものの量が増える

  • 骨盤への圧迫を感じる

  • お腹や腰の鈍痛

  • 規則的、不規則な陣痛

  • 破水

ママが早産かもしれない、と感じる時には、すぐにお医者さんに連絡しましょう。

妊娠中に下痢になる原因は?

妊娠中に下痢になる原因は色々とあります。主な原因を以下に紹介します。

食中毒

妊娠中の下痢の原因が食中毒のこともあります。下痢と同様、妊娠中にも食中毒にもかかることがあります。

妊娠中の食中毒を予防するために、できるだけ避けたい食べ物 があります。 ハムやソーセージなどの加工肉食品、加熱殺菌されていない牛乳やチーズ、十分に調理されていない魚介類、生卵などはできるだけ避けるようにしましょう。

また、食材だけではなく、調理方法についても気をつけるようにしたいですね。手にウイルスや細菌が付着していることがあるので、調理をする前には必ず手を洗いましょう。手を洗わずに、ウイルや細菌が付着した手で食材や食器などを触ると、細菌やウイルスが付着してしまいますので、特に注意が必要です。また、食器を洗う時に使うスポンジやふきん、シンクやまな板などは、細菌やウイルスが付着や増殖しやすい場所と言われています。

妊娠中に食中毒になると、切迫早産の原因になることもあります。吐き気 や嘔吐、下痢などの食中毒の症状が出たら、すぐにお医者さんに診てもらいましょう。

下痢になったら、体から多くの水分が失われてしまいます。その結果、脱水症状の原因となったり、体のバランスが崩れてしまうことも。下痢の症状に気がついたら、脱水症状にならないように、経口補水液などの十分な水分補給を心がけましょう。口からの水分補給ができない時には、点滴などの治療が必要となることもあります。

過敏性腸症候群

おなかが痛かったり、おなかにガスが溜まっているような感じがしたり、便秘や下痢などの排便に関する問題が数ヵ月以上続くようであれば、過敏性腸症候群かもしれません。10%程度の人がこの病気であるといわれている、よくある病気です。妊娠中にこのような症状が出てきたら、お医者さんに相談しましょう。

過敏性腸症候群の原因はよく判っていませんが、ストレス緊張状態や過食、外出することが関係していると考えられています。また、ある特定の薬の成分や食材が原因であると言う報告もあります。

旅行者下痢症

妊娠中の旅行 を計画しているママもいるでしょう。妊娠中に避けたほうが良いと言われる食材には、旅行先では特に注意をしましょう。発展途上国への旅行を計画している場合、旅行者下痢症にかかってしまうこともあります。汚染された生水や氷、魚介類、乳製品、肉類、生野菜やカットフルーツ、加熱調理が十分にされていない料理を食べたことが原因です。また、現地の硬水や香辛料で下痢の症状が出ることもあります。 旅行の目的地にもよりますが、出発する前に特に注意をすることがあるか、などお医者さんに聞いておきましょう。旅行中に気をつけたいポイントを以下にまとめてみました。

  • 水道の水ではなくペットボトルの水を飲みましょう。水道の水を飲む場合は、まずは煮沸消毒をしてから飲むようにしましょう。

  • 水道水で洗った果物や野菜などは食べるのを避けるようにしましょう。

  • 生の果物を食べる場合には、皮つきの果物にして、自分で皮をむくようにしましょう。

  • 良く調理された食べ物を食べるようにしましょう。

  • 不衛生な食べ物や飲み物は食中毒のリスクがあります。現地のローカルフード、特に屋台のストリートフードは避けるようにしましょう。

旅行者下痢症になった場合、水分補給を十分にして、脱水状態にならないように気をつけてください。コーヒーやココアなどのカフェイン入り飲料や乳製品は、下痢の症状を悪化させることがあります。避けたほうが良いでしょう。 下痢止め薬を飲んだり、その他の治療をする時は、まずはお医者さんの意見を聞いてからにしましょう。

ウイルス性の感染症

ノロウイルスなどのウイルス性の感染症の主な症状は、下痢や嘔吐です。これらの感染症は、脱水症状を引き起こし深刻な事態になることがあります。

ウイルス性の胃腸炎は、細菌やウイルスが付着した食べ物や飲み物を口から取り込んだり、ウイルスに感染した人がウイルスのついた手で調理したり、ウイルスに感染した人が触れたものに触れてしまうことが原因です。

手を頻繁にしっかり洗う、調理器具や食器を使った後は丁寧に洗う、野菜や果物は食べる前によく洗う、などを心がけることで、ウイルスに感染するのを防ぐことができます。ウイルスに感染したと心配な時には、すぐにお医者さんに診てもらいましょう。

妊娠中の下痢への対処法と脱水症状の予防

妊娠中に下痢の症状が出ている時には、妊娠中のママでも飲める、安全な下痢止め薬を勧められる場合もあります。また、脱水症状にならないように、経口補水液を摂ることを勧めるお医者さんもいるでしょう。

妊娠中に下痢の症状が出た時には、十分な水分補給を行うことが基本です。以下の脱水症状が出ている場合には、すぐにお医者さんに連絡をしましょう。

  • 非常に喉が渇く

  • 唇や皮膚がカサカサしている

  • おしっこが出ない

  • 尿の色が濃い

  • つかれやすい: 元気がない、めまいがする、たちくらみ

いつ、お医者さんに診てもらうべき?

妊娠中のママに下の症状が出ている時は、早めにお医者さんに診てもらいましょう。

  • 下痢の症状が2日以上続いている

  • 脱水症状が出ている

  • 下腹部に激しい痛みがある

  • 便に血や膿のようなものが混じっている

  • 熱がある

よくある質問

妊娠中はママの体に色々な変化があります。排便の変化もよくあることです。下痢の原因には、ストレス、食生活の変化、ホルモンの変化が挙げられますが、お医者さんに診断してもらうようにしましょう。

下痢の症状が2日以上も続くときは、お医者さんに診てもらいましょう。お医者さんが下痢止めの薬を処方してくれることも。 切迫早産かもしれないと不安な時は、すぐにお医者さんに連絡しましょう。

まれなケースですが、下痢が切迫早産のサインであることも。下腹部に痛みやけいれん、膣からのおりもの、陣痛 のようなものを感じたら、すぐにお医者さんに診てもらいましょう。

妊娠中の下痢の症状には色々な原因があります。一般的には食生活の変化が主な原因ですが、切迫早産のサインであることも。下痢の症状が続くと、脱水症状になってしまうこともあります。妊娠中に下痢の症状が出たら、まずはお医者さんに診てもらうようにしましょう。

本記事の内容について 本記事に掲載されている情報は、信頼のおける医療機関や政府機関からの情報にもとづいたものです。 また、掲載された内容につきましては十分な注意を致しておりますが、医療従事者などの専門的な意見に 取って代わるものではありませんので、ご注意ください。 診断や治療法につきましては、必ず 医療従事者などの専門的な意見を聞いていただきますよう、お願い申し上げます。

あなたの赤ちゃんは 何枚のおむつを使った?

スワイプして赤ちゃんの月齢を選ぶ

赤ちゃんの月齢を選ぶ

  • か月
    240
  • か月
    480
  • か月
    720
  • か月
    960
  • か月
    1200
  • か月
    1440
  • か月
    1620
  • か月
    1800
  • か月
    1980
  • か月
    2160
  • か月
    2340
  • か月
    2520
  • か月
    240
  • か月
    480
  • か月
    720
  • か月
    960
  • か月
    1200
  • か月
    1440
  • か月
    1620
  • か月
    1800
  • か月
    1980
  • か月
    2160
  • か月
    2340
  • か月
    2520
  • か月
    240
  • か月
    480
  • か月
    720
  • か月
    960
  • か月
    1200
  • か月
    1440
  • か月
    1620
  • か月
    1800
  • か月
    1980
  • か月
    2160
  • か月
    2340
  • か月
    2520
  • か月
    240
  • か月
    480
  • か月
    720
  • か月
    960
  • か月
    1200
  • か月
    1440
  • か月
    1620
  • か月
    1800
  • か月
    1980
  • か月
    2160
  • か月
    2340
  • か月
    2520
  • か月
    240
  • か月
    480
  • か月
    720
  • か月
    960
  • か月
    1200
  • か月
    1440
  • か月
    1620
  • か月
    1800
  • か月
    1980
  • か月
    2160
  • か月
    2340
  • か月
    2520
  • か月
    240
  • か月
    480
  • か月
    720
  • か月
    960
  • か月
    1200
  • か月
    1440
  • か月
    1620
  • か月
    1800
  • か月
    1980
  • か月
    2160
  • か月
    2340
  • か月
    2520
  • か月
    240
  • か月
    480
  • か月
    720
  • か月
    960
  • か月
    1200
  • か月
    1440
  • か月
    1620
  • か月
    1800
  • か月
    1980
  • か月
    2160
  • か月
    2340
  • か月
    2520

あなたの赤ちゃんが使ったおむつは

result-image
おむつを使うたびに貯まるポイントを素敵なギフトに交換!

  • Mayo Clinic: Diarrhea
  • Mayo Clinic: Home Remedies Avoiding Travelers’ Diarrhea
  • Book: Your Pregnancy and Childbirth: Month to Month, Sixth Edition Paperback – January 1, 2016 by American College of Obstetricians and Gynecologists (Author)