4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40
1 2 3 4 5 6 7 8 9
1 2 3

妊娠初期へようこそ。パンパースは 赤ちゃんがどのように成長していくのか、ママになるあなたの身体の変化や大切な時期に覚えておいてほしいことなどの情報を簡単にまとめました。

妊娠初期の赤ちゃんの成長

妊娠初期 には小さな細胞が大きなプラムぐらいの大きさの胎芽に急速に変わって行きます。妊娠初期にあたる週 には赤ちゃんの心臓、肺、肝臓、脊髄、頭、小さな手足が形成されていきます。 この間にママの子宮は赤ちゃんにとって居心地のよい住みかになっていきます。妊娠初期の終わり頃には胎盤やへその緒も形成され始めます。

ママが赤ちゃんの胎動を感じるのは妊娠中期に入ってからのことですが、妊娠9週目 には赤ちゃんが自分から動き出したり、11週目 には赤ちゃんの心音が超音波健診で聞こえるくらい大きくなったり、妊娠初期にはワクワクすることが起きます。 妊娠3ヶ月目の終わり頃 には、基本的な器官や体の部位が形成されていきます。

妊娠初期にはどんなことが起こるの?

多くのママが経験する 妊娠初期の妊娠の症状 が現れてきましたか?それとも、まだ本当に妊娠しているかどうか確実ではないですか?こんな時には市販の妊娠検査薬が役に立ちます。疑わしいならお医者さんに診てもらいましょう。いつ、赤ちゃんがいつ産まれるのか、気になることでしょう。 そんな時にはパンパース出産予定日計算ツール であなたの出産予定日を計算してみましょう。

多くのママが妊娠初期を非常に辛い時期だと考えているようです。妊娠中の気分のムラ や、おっぱいの張り、便秘、こむら返り、トイレが近くなるなどの不快な妊娠初期の症状 が現れてきます。

妊娠初期に吐き気やつわりの症状が現れてきたら、妊娠しているという再通知だと考えてよいでしょう。また、つわりの症状を改善 するために幾つかの対策を講じてみましょう。 食べ物以外のものを食べたくなる妊娠による嗜好の変化 を経験するかもしれません。そんな馬鹿な!と思うかもしれませんが、一時的なことなので心配することはありません。

妊娠初期には毎週のように面白いことや新しいことが起こりますよ。パンパース 妊娠カレンダー は妊娠に関するワクワクする変化の最新情報を提供しています。あっという間に妊娠中期に入りますよ。

妊娠初期に知っておきたいこと

当然のことですが、ママの食べるものは成長する赤ちゃんに影響を与えます。妊娠中は健康的で栄養のある食事 を取るように心がけましょう。葉酸や妊娠中に必要なビタミンについてはお医者さんに相談してみてください。また、食べて安全なものとそうでないものについても知っておきましょう。例えば、調理されていない貝類や低温殺菌されていないチーズなどは避けたほうがよいでしょう。妊娠中のアルコール、タバコやドラッグ類は赤ちゃんに悪影響を及ぼすので控えましょう。コーヒーやチョコレートは1日あたりおよそ200ミリグラム程度の摂取であれば赤ちゃんに悪影響は与えないと言われています。

妊娠初期は妊娠期間中から出産までママを助けてくれる お医者さんを探す 時でもあります。

ぐったりしていませんか?この時期はリラックスして十分に休息を取りましょう。新しい生活を築くにはエネルギーがたくさんいります。赤ちゃんに出会うまでにはまだ妊娠中期と後期が待ち受けているのです。