妊娠したらおなかが大きくなることは誰もが知っていますね。でも、妊娠中に大きくなるのはおなかだけではありません。妊娠してから出産日まで、ママのおっぱいも大きくなることを知っていましたか?妊娠中のママのおっぱいの変化や、おっぱいの変化による不快な症状を和らげる方法を調べていきましょう。

妊娠初期のおっぱいの変化

ママが経験する妊娠初期の症状 の1つは、おっぱいが敏感になること。受胎後すぐに、ママの体のホルモンの変化で、おっぱいが痛くなったり、腫れたり、敏感になったりします。生理の停止や妊娠判定テストの陽性結果が出る前の時点で、おっぱいの変化に気がつくママもいます。 妊娠初期のおっぱいの変化による不快な症状が、心配になってきたのではないでしょうか?これらの不快な症状は、ママの体がホルモンの変化になれたら、自然に消えていきます。

妊娠中期のおっぱいの変化

妊娠中期になると、ママのおっぱいは大きく変化します。おなかが大きくなるだけではなく、おっぱいも大きくなってくるのです。妊娠前と比べると、平均2~3カップ変わると言われています。 妊娠中期に入ると、乳首の色が黒ずんでくることがあります。女性ホルモンの分泌の影響で、メラニン色素が増えすぎてしまうため、おっぱい全体や乳首の色が黒ずんできます。

妊娠後期のおっぱいの変化

ママのおっぱいが大きくなるにつれて、ママの皮膚や皮下組織が伸びていきます。その結果、赤や茶色、紫色の線がママのおっぱいや大きくなったおなかに出てくることがあります。これらは妊娠線 と呼ばれ、ママの皮膚の下にある皮下組織の変化が原因です。保湿ケアでママの肌を柔らかくすることはできますが、この方法で妊娠線が完全に予防できるものでもありません。一度できてしまった妊娠線は消すことができませんが、出産後に妊娠線は薄くなったり、目立たなくなってきます。 出産時期が近づくと、乳首から母乳のような分泌液が出てくることがあります。これは自然な現象で、ママのおっぱいが母乳を出す準備をしているのです。片方のおっぱいから出てくることもあれば、両方のおっぱいから出てくることも。また、この分泌液は自然に出てくることもあれば、おっぱいや乳首をギュッとつまんだりした時に出てくることもあります。通常、黄色や緑色っぽいたり、緑がかった色をしています。母乳の元となるものなので心配することはないのですが、血が混じったりしている時は、お医者さんに連絡しましょう。

関連する記事

健康的な妊娠
妊娠中のホルモンについて知っておきたいこと

妊娠中の不快な症状を和らげるには?

ママのおっぱいは妊娠中に変化します。不快に感じる症状が出ることは自然なことですが、マタニティブラを使うことで、妊娠中の不快な症状が和らぐこともあります。ママの妊娠中のおっぱいの変化に対応してくれるマタニティブラを使って、快適な妊娠生活を過ごしましょう。 マタニティブラの嬉しいメリットをご紹介します。

  • 大きくなったおっぱいをしっかりと支えてくれる。

  • おっぱいのアンダー部分が幅広くしっかりしている。

  • 幅の広いストラップ

  • 前開きホックや延長ホックでおっぱいを締め付けません。

  • 楽なつけ心地のノンワイヤータイプ

妊娠はおなかが大きくなっていく印象がありますね。実は、おなかよりも先におっぱいが大きくなり、張って重くなります。 妊娠中はおっぱいの変化に対応できるマタニティブラを着用し、妊娠期を快適に過ごしたいですね。また、授乳期や産後にも備えましょう。マタニティブラは妊娠中や産後のママの体形の変化に対応できるように、デザインされたブラジャーです。マタニティブラは通常、伸縮性のある素材を使い、調節できるストラップやホックが特徴。ママの大きくなるおっぱいを支えながら、形を整えてくれるマタニティブラを試してみましょう。マタニティブラがきついかな、と感じたら、1つ大きなサイズを試してみてください。マタニティーインナーの専門家に相談してみるのもいいアイデアでしょう。妊娠期別のママの体の変化に合わせて、ママにあったサイズや必要なマタニティ下着を選んでくれるでしょう。 出産が近づいてきたら、授乳ブラの購入も考えてみてはどうでしょう?片手でささっとパッドを開くクロスオープンタイプや、ママのおっぱい部分が全開するタイプなど種類は様々です。いずれにしても授乳しやすいブラジャーなので、ママにとっては授乳タイムが楽になること間違いなしです。母乳育児の最初の週 は、ママのおっぱいは大きくなります。ママの大きくなったおっぱいをしっかりと包み込んでくれるような、ママにとって快適な授乳ブラを選ぶことが大切です。 おっぱいが大きくなって、夜に眠りにくいと感じるママもいるかもしれません。そんなママには、夜専用のマタニティブラがおススメです。 また、 妊娠中の運動 を考えているママは、マタニティー用スポーツブラを考えてみましょう。ママの大きなおっぱいをしっかり支えてくれるので快適ですし、付けたままで授乳できるようなタイプもありますよ。 おっぱいの痛みが気になるママは、症状を和らげるために以下の方法を試してみましょう。

  • 母乳パットを使いましょう:乳首がブラジャーに擦れて痛みを感じることがあります。ママの乳首を摩擦から守ってくれる母乳パッドを試してみましょう。

  • 温湿布や冷湿布を胸にあててみましょう:各種湿布が乳首の痛みの緩和に役立ったとの妊娠ママの体験談があります。

  • 保湿剤やクリームなどを使ってみましょう:胸の痛みやかゆみに保湿剤やクリームを試してみましょう。お医者さんが勧める物を使うようにしましょう。

今回は、妊娠中にママが経験するおっぱいの変化を見てきました。おっぱい以外に妊娠中にはどのような変化があるの、と気になってきたママもいるのではないでしょうか? パンパースの妊娠カレンダー はママの妊娠中の症状、赤ちゃんの発育と成長、出産までに起こるたくさんのことについて週や月単位で紹介しています。是非、参考にしてくださいね。

本記事の内容について 本記事に掲載されている情報は、信頼のおける医療機関や政府機関からの情報にもとづいたものです。 また、掲載された内容につきましては十分な注意を致しておりますが、医療従事者などの専門的な意見に 取って代わるものではありませんので、ご注意ください。 診断や治療法につきましては、必ず 医療従事者などの専門的な意見を聞いていただきますよう、お願い申し上げます。