赤ちゃんのあせも

赤ちゃんはよく汗をかくもの。汗をたくさんかくことで、できてしまうあせも。赤ちゃんや子どもの顔や体にあせもができて痒がっていると、ママもパパも辛いですね。大人にもできてしまうあせもですが、特に肌が敏感な赤ちゃんや子どもには注意してあげたいですね。 あせもの原因、お家でできるケア、お医者さんに診せたほうがいい場合、などをまとめてみました。一緒に見ていきましょう。

あせもとは?

大量にかいた汗が皮膚の中にたまってしまうと、汗の腺がつまってしまい、汗を外に出すことができなくなります。そうなると、汗が皮膚の中にたまり、炎症を起こして赤いプツプツができます。これがあせもです。赤ちゃんや小さな子どもにできやすいあせも。夏の暑い時や湿気が多い時期には十分に注意してあげましょう。

あせもの原因は?

あせもができる原因はなんでしょう?下にまとめてみました。

  • 汗腺が未発達:赤ちゃんの汗腺は未発達なので、あせもが出やすいです。

  • 暑い夏の気候:あせもは暑くて風通しの悪い湿度の高い場所で出やすいです。

  • 運動をしている:運動をして汗をかいた場合、あせもが出る可能性が高くなります。

  • 服を着させすぎ:服を着させすぎたり、眠る時に毛布をたくさん掛けると、あせもが出る確率が高くなります。

あせもの症状、種類や特徴は

あせもは毛穴の周りにできる赤い小さなプツプツとした湿疹です。首筋、胸の上の部分、腕、ひざ、おむつの腰の部分など、服と肌がこすれあう部分にできやすくなっています。 あせもには幾つかの種類があります。

  • 水晶様汗疹:あせもの中でも比較的軽い症状です。汗が皮膚の表面に溜まり、白くて透明な水ぶくれが出てきます。特に痒みはなく、数日もすると乾燥して自然に治っていきます。

  • 紅色汗疹:皮膚の少し深い表面で発生し、赤くてプツプツとした発疹ができるだけではなく、チクチクした痛みやかゆみがあります。

  • 汗腺膿瘍:膿をもつ発疹で、腫れることがあります。 

  • 深在性汗疹:日本ではあまり見られることのないあせもの種類です。表皮のさらに奥の部分で汗がたまることにより、発生します。皮膚に鳥肌のような湿疹が現れるのが特徴です。

あせものケアはできるの?

肌が敏感でよく汗をかく赤ちゃんには、よくあせもができてしまうもの。軽い症状であれば、特に赤ちゃんのスキンケア や治療をする必要はないでしょう。通常、痒い部分を保冷剤などを使って冷やしてあげる以外、特に何をしなくても、自然に治っていくものです。赤ちゃんにあせもの症状が見られたら、症状を和らげるためにお家でどんなことができるでしょうか?下にまとめてみました。

  • 吸湿性の悪い合成繊維の敷布団や、防水性のパッドはあせもの原因になってしまいます。吸湿性の良いものを選びましょう。

  • ぬるめのシャワーやお風呂 に入れて肌を清潔に保つように心がけましょう。石鹸などが敏感な肌の赤ちゃんに残らないよう、十分に気をつけてくださいね。できれば、タオルで体を拭かずに自然乾燥させましょう。

  • エアコンや扇風機の風を上手に使いましょう。遠くから微風で首振り機能を使い、そっと赤ちゃんの肌にあてましょう。

  • シャワーやお風呂の後には、クリームやローションで保湿対策をお忘れなく。

市販のワセリン、軟膏、油分の多い保湿クリームを使うことで、赤ちゃんの汗腺をさらに詰まらせてしまい、症状がさらに悪化してしまうことも。ひどく痒がっている、なかなか治らないなどの症状に気がついたら、お医者さんに相談するようにしましょう。炎症やかゆみを抑えるクリームや抗生物質が処方されることがありますので、用法・用量を守って正しく使うようにしましょう。

あせもを予防できるの?

肌が敏感でよく汗をかく赤ちゃんや小さな子どもにできやすいあせもの症状。あせも対策を心がけたいですね。あせもを予防する方法はあるのでしょうか?下にまとめてみました。

  • 夏の暑い日などは、コットンなどの柔らかくて軽い素材の服を着せるようにしましょう。冬の寒い日でも必要以上の厚着は避けて、ママやパパと同じような服装をさせてあげましょう。

  • あまりにもぴったりと赤ちゃんの体にフィットするような服を着させるのは避けましょう。こすれたりして、赤ちゃんの肌に刺激を与えてしまいます。天然素材で肌にやさしい、ゆったりとした吸水性や通気性の良い服を着せるようにしましょう。

  • 赤ちゃんの肌が乾燥し過ぎないよう、紫外線対策もお忘れなく。夏の暑い日はできるだけ日陰で過ごすようにしましょう。

  • お昼寝をする時には、エアコンや扇風機を上手に使い、汗をかかずに快適に過ごせるような環境を作ってあげましょう。

いつ、お医者さんに診せたらいいの?

通常、あせもの症状は1~3日ぐらいで自然に治っていきます。でも、症状がひどくなっている、5~10日経ってもなかなか治らない時は、皮膚感染症にかかっている可能性もあります。すぐにお医者さんに相談するようにしましょう。

以下の症状が見られたら、皮膚感染症の可能性があります。

  • あせもの部分に痛みがあり、腫れている。

  • 膿をもった水ぶくれができる。

  • があり、悪寒を感じる。

赤ちゃんにあせもができて、痒がっているのを見るのは辛いですね。でも、あせもは数日もすると自然に治っていくので、心配しすぎないようにしましょう。残念ながら、暑い夏の日にも、寒い冬にもあせもはできてしまいます。赤ちゃんが汗をかきすぎることのないよう、肌を清潔に保ち、乾燥した状態にしてあげましょう。

本記事の内容について:
本記事に掲載されている情報は、信頼のおける医療機関や政府機関からの情報にもとづいたものです。 参考及び参照のリンクにつきましては、以下をご参照ください。 また、掲載された内容につきましては十分な注意を致しておりますが、医療従事者などの専門的な意見に取って代わるものではありませんので、ご注意ください。 診断や治療法につきましては、必ず 医療従事者などの専門的な意見を聞いていただきますよう、お願い申し上げます。

Flexible banner