気をつけたい赤ちゃんの水分補給。ママの母乳やミルク以外にあげてもいい飲み物はある?麦茶は家族全員で飲めることもできる優れもの。赤ちゃんにあげてもいいの?赤ちゃんに麦茶を与え始める時期や、麦茶の飲ませ方や保存方法など、麦茶に関する情報をご紹介します。

赤ちゃんが麦茶を飲めるようになるのはいつから?

生まれたばかりの赤ちゃんが口にするのは母乳やミルク。離乳食は生後6ヵ月頃 から始めるので、それまでは母乳とミルクで栄養や水分を取ります。それでは母乳やミルクの次に何を飲ませればいいの?とママパパは疑問に思うかもしれません。市販のノンカフェインのベビー用麦茶なども購入できますが、母乳やミルクのような栄養はありません。まずは母乳やミルクで栄養や水分を摂る時期なので、離乳食が始まる生後5~6ヵ月頃から水分補給に与えるとよいでしょう。

では、赤ちゃんに果汁やジュースをあげてもいいの?と疑問に思うママパパもいるかもしれません。麦茶と同じように離乳開始前に赤ちゃんに果汁やジュースを飲ませてしまうと、ジュースの甘味に慣れてしまい、甘くないものを飲みたがらなくなってしまうことも。そうなると、母乳やミルクの量が減ったり、離乳食を食べるのを嫌がったり、と必要なエネルギーや栄養が不足してしまうことも考えられますね。母乳やミルク以外の味に慣れるのは、離乳食開始後でいいでしょう。これらを考慮すると、赤ちゃんにジュースを与えるのは1歳以降がおススメです。

赤ちゃんが麦茶を飲むメリット

麦茶はノンカフェインです。栄養はありませんがミネラルを含むので、たくさん汗をかいた赤ちゃんに麦茶を与えると、水分とミネラルを補給することができます。「麦」だから小麦アレルギーは?と心配するママやパパもいるでしょう。麦茶は小麦ではなく大麦で作られているため、小麦アレルギーとは無関係と言われていますが、何らかの食物アレルギー がある赤ちゃんに与えるときは注意が必要です。

赤ちゃんに与える麦茶の量や温度は?

最初は小さなスプーン一杯から始めましょう。赤ちゃんに与える麦茶の温度は熱すぎず冷たすぎず、人肌程度(40度前後)がおススメです。また麦茶には一般的に煮出し用と水出し用がありますが、煮出し用だと水道水を一回沸騰させるので殺菌効果もあり、安心ですね。水出しならば、一度沸騰させて冷ました湯冷ましや、ウォーターサーバーの水を使いましょう。この他、ペットボトルや紙パックの麦茶なら、どこでも入手でき、そのまま与えることができるので、外出時に飲み物を忘れてしまった!という時も安心です。粉末タイプは与え始めの少量を作るときに便利です。

赤ちゃんに麦茶を飲ませる時の注意点

赤ちゃんや子どもには、熱湯でしっかり殺菌しながら煮だして作った麦茶を与えましょう。冷たすぎても熱すぎてもよくないので、温度に気をつけましょう。人肌程度(40度前後)で与えるのが目安です。また、大人用の麦茶は濃いので、最初は5~6倍に、徐々に2~3倍に薄めて与えるようにしてください。アレルギーの心配もあります。まずはスプーン一杯から、慣れてきたらスパウトマグやストローマグ、それからコップというふうに段階を踏んでいきましょう。

関連する記事

離乳食
赤ちゃんの離乳食を始めましょう

赤ちゃんが麦茶を飲みたがらないとき、どうすればいいの?

麦茶のにおいや苦みを嫌がる赤ちゃんもいます。無理強いと焦りは禁物です。たくさん汗をかいた後やお風呂上り、食事中など、喉が渇いているときに与えてみましょう。慣れるまでは5~6倍ほどに薄めて、慣れてきたら、2倍ほどに薄めて飲ませましょう。

赤ちゃんの麦茶の保存方法

冷蔵なら2日程度、冷凍なら1週間程度、保存可能と言われています。たくさん作って冷凍しておくと便利ですね。

よくある質問

麦茶はノンカフェイン飲料です。生後1ヵ月頃から与えることができます。ただし、栄養がないので母乳やミルクの代わりにはなりません。離乳食が始まる6ヵ月頃から水分補給に与え始めるのをおススメします。ベビー用麦茶と表示があるものなら安心ですね。

最初はスプーン一杯から始めましょう。においを嫌がる赤ちゃんもいますし、アレルギーの心配もあります。慣れてきたら少しずつ量を増やしましょう。赤ちゃんに与える麦茶の温度は人肌程度(40度前後)がベストです。

冷蔵なら2日程度、冷凍なら1週間程度、保存可能です。たくさん作って離乳食と一緒に冷凍しておくと便利ですね。

赤ちゃんに麦茶を与える時は、慣れるまでは沸騰させたお湯で5~6倍ほどに薄めて、慣れてきたら、2倍ほどに薄めて飲ませましょう。

沸騰させたお湯を加えたり、電子レンジで温めましょう。

おわりに

赤ちゃんの水分補給におススメの麦茶。ノンカフェインで、家族全員で飲める優れものですよね。

母乳やミルクをしっかり飲めていれば、無理に赤ちゃんに麦茶を与える必要はありません。離乳食が始まる生後6ヵ月頃からまずはスプーン一杯から与えてみましょう。たくさん汗をかく季節やお風呂上りに与えるとごくごく飲んでくれるかも?ミネラルも補給できるので、母乳やミルクの次に口にする赤ちゃんの初めての飲み物に最適です。

本記事の内容について
本記事に掲載されている情報は、信頼のおける医療機関や政府機関からの情報にもとづいたものです。 参考及び参照のリンクにつきましては、以下をご参照ください。また、掲載された内容につきましては十分な注意を致しておりますが、医療従事者などの専門的な意見に取って代わるものではありませんので、ご注意ください。 診断や治療法につきましては、必ず 医療従事者などの専門的な意見を聞いていただきますよう、お願い申し上げます。