4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40
1 2 3 4 5 6 7
1 2 3

おめでとうございます!赤ちゃんは生後6か月を迎えました。生後6か月はママと赤ちゃんにとって大冒険の月。その理由は?赤ちゃんが自分一人で座ることができるようになり、離乳食を食べ始めるからです。生後6か月の赤ちゃんの成長や発達の特徴、どのような離乳食を食べるのか、生後6か月の赤ちゃんの睡眠時間、ママが目にする兄弟げんかなどを見ていきましょう。

この記事の内容

生後6か月の赤ちゃんの成長の特徴 赤ちゃんの成長をサポートしましょう 生後6か月の赤ちゃんの授乳の目安 生後6か月の赤ちゃんの睡眠時間は? 赤ちゃんの健康: 耳の痛みと感染性の耳の病気 よくある質問 親としての生活:兄弟間の競争意識 生後6か月のチェックリスト
icon 1

生後6か月の赤ちゃんの成長の特徴

ここ数か月間で赤ちゃんは色々なことができるようになり、新しい能力を身につけてきました。例えば、離れたところにあるものを見つけたり、動くものを上手に目で追うことができるようになります。自分の名前が聞こえるとそちらを向きますし、ダメと言われたらやっていることを止めるでしょう。右にも左にも寝返りをうつことができるようになるので、ベッドから落ちないように気をつけてあげましょう。

生後6か月の赤ちゃんの成長と身体的発達: 赤ちゃんの最初の歯!

赤ちゃんは急激に成長します。生後6か月には、出生時の体重の2倍ほどになっているでしょう。赤ちゃんにも個人差があります。でも、赤ちゃんの体重がこの時期に450~570グラムほど増えても驚かないでくださいね。生後7か月に入る頃には赤ちゃんの身長は1.28~2センチメートルほど伸びるでしょう。

この時期、ママは1~2本の歯が生え始めているのを発見するかもしれません。ただ、赤ちゃんによって歯が生え始める時期は違うので、生え始めてなくても心配しないようにしましょう。生え始めから赤ちゃんの歯を清潔に健康に保つ ことはとても大事です。ママがこの最初の小さな歯をどうやって磨いていいのか分からなければ、子供用歯ブラシにお米1粒ぐらいの歯磨き粉をつけて、優しく磨いてあげましょう。

赤ちゃんがママのおっぱいを咥えたまま眠らないように気をつけてあげてください。おっぱいを咥えたまま眠ってしまうと虫歯になる可能性が高くなります。

赤ちゃんの知覚・感覚: 部屋の向こうも見える

生後6か月の赤ちゃんには奥行き知覚が発達してきて、自分から遠く離れたものを見ることができるようになっています。寄り目になることなく物を見ることができ、色の区別もできるようになります。

赤ちゃんの動き: 支えられなくても座れる

赤ちゃんは日に日に強くなり、活発に動き回るようになります。生後6か月の赤ちゃんは、左右に寝返りをうつことができるので、ベッドやソファから落ちたりしないように気をつけてあげてくださいね。

この時期の赤ちゃんのちょっとした動きは次へのステップの練習です。首周りや体の基本的な部分が強くなってくると、ママやパパに支えられなくてもお座りの姿勢でいることができるでしょう。赤ちゃんはこうやって自信をつけていき、最後には支えられずにお座りができるようになります。

赤ちゃんの性格: 自分の名前が判る

赤ちゃんは産まれた時からママの声やママが立てる音を聞いて過ごしてきました。まだまだ聞き取りにくい部分もありますが、コミュニケーションも取れるようになります。生後6か月ぐらいになると、会話を真似るようになります。ママが赤ちゃんの名前を読んだら、気がつく赤ちゃんもいるんですよ。また、ママがダメと言えば、その言葉に反応して、やっていることを止める赤ちゃんもいるでしょう。ゆっくりと赤ちゃんは物と単語を関連させていきます。これから数か月、赤ちゃんの言葉の能力が発達するのを観察していくのは、とてもドキドキワクワクすることですね!

赤ちゃんがより活発になり好奇心が旺盛になってきたら、ママは赤ちゃんから目を離すことはできません。好奇心旺盛な赤ちゃんは時には困ったちゃんとなり、ママを悩ますことも出てくるでしょう。やっていいことやダメなことはちゃんと教えて、赤ちゃんをしっかりと守ってあげましょう。赤ちゃんが危ないことをしたら、これはやってはいけないと伝え、良いことをしたら褒めてあげるようにしましょう。

icon 2

赤ちゃんの成長をサポートしましょう

赤ちゃんの成長と発達をママも積極的にサポートしましょう。本を読み聞かせたり、歌を歌ったり、お話をしたり。こういった事は、赤ちゃんと一緒に遊んであげることは赤ちゃんとの絆が深まるだけではなく、赤ちゃんの脳の発達も助けます。まだ小さな種の状態である赤ちゃんが聞く言葉をママは考えてあげましょう。ママの言葉が赤ちゃんの中で育ち、やがては赤ちゃんの脳の中に言葉の森を作っていきます。ただ読んでいるだけでは赤ちゃんに新しい言葉を教えることはできません。新しい考えや世界について教え、コミュニケーションの取り方を赤ちゃんに教えてあげましょう。

赤ちゃんに本を読んであげる ことは赤ちゃんの社交性と感受性を高めます。本を読む時には、本の中の登場人物になった気持ちになって感情をこめて読んであげてください。赤ちゃんはママが読むページをじっと見たり、指をさしたり、触ったりするでしょう。赤ちゃんはこうして社交性を高め、考える力を養っていきます。たくさんの言葉を聞けば聞くほど、赤ちゃんはその言葉を真似し覚え、イメージを深めていきます。毎日、赤ちゃんに本を読み聞かせる時間を作ってあげましょう。赤ちゃんと一緒に楽しむ思い出に残る時間にしたいですね。本の読み聞かせを毎日の習慣に取り入れて、赤ちゃんの能力や興味をさらに伸ばしてあげましょう。

icon 3

生後6か月の赤ちゃんの授乳の目安

赤ちゃんが生後6か月目を迎えたら、離乳食を食べさせ始めるいい時期でしょう。赤ちゃんが疲れておらず、少しお腹が空いていそうなタイミングを見つけて、赤ちゃんの様子を見ながら始めていきましょう。ママの膝の上やベビーチェアに赤ちゃんを座らせて、子供用スプーンで食べさせてあげましょう。赤ちゃんの口にスプーンを近づけて、においを嗅がせて食べさせてあげてください。最初は嫌がるかもしれません。嫌がったら、少し時間をおいて同じようにやってみましょう。食べ物がよだれかけやトレーなどに落ちて赤ちゃんが上手に食べられなくても、全く問題ありません。ママは焦らないで食べることの楽しみを少しずつ赤ちゃんに教えてあげましょう。

1番最初の離乳食は通常、うすいおかゆなど。母乳や粉ミルクに混ぜてもよいでしょう。でも、ママが赤ちゃんに何をあげていいか分からない時は、お医者さんに聞いてみましょう。新しい食材を離乳食に取り入れるのは1回の離乳食で1品として、なめらかにすり潰した野菜や果物などの次の新しい食材は数日待ってからあげるようにしましょう。パパやママにある特定の食品に対するアレルギー症状などがあれば、赤ちゃんにも遺伝する可能性があります。離乳食を食べた後に発疹や下痢、嘔吐の症状が出てこないかを確認してあげましょう。もしこのような症状が見られたら、お医者さんに診てもらいましょう。

離乳食を与える時には赤ちゃんが真っすぐに座っているかを確認し、のどに詰まらないいよう柔らかくて飲み込みやすい食事を与えるようにしましょう。

赤ちゃんが離乳食を食べ始めても、赤ちゃんにはまだまだ母乳や粉ミルクが必要です。生後6か月の赤ちゃんは4~5時間おきに240ml程度の母乳やミルクが目安です。

赤ちゃんの食べ物に変化があっても、変わらないものがあります。その答えは汚れたおむつです!パンパースすくすくギフトポイントプログラムのアプリ をダウンロードして、パンパース製品についているポイントをためて素敵なギフトと交換してくださいね。

icon 4

生後6か月の赤ちゃんの睡眠時間は?

この時期の赤ちゃんは、1日に12~16時間程度の睡眠を必要とします。夜は9時間かそれ以上、急に目を覚ますこともあるでしょうが、まとまって眠るようになるでしょう。お昼寝は2~3回が目安ですが、個人差があります。

icon 6

赤ちゃんの健康: 耳の痛みと感染性の耳の病気

赤ちゃんはより活発になり、なんにでも触りたがりますね。外の世界は細菌やウィルスがいっぱいなので、病気には十分に気をつけたいですね。一番いい方法は風邪や何らかの感染性の病気にかかっている人に赤ちゃんを近づけないようにすることですが、それでも赤ちゃんは病気になってしまいます。生後6か月の赤ちゃんがかかりやすい病気を以下にまとめてみました。

  • 下痢の症状:ノロウィルスのようなウィルスや細菌が赤ちゃんの体内に入ったことが原因として考えられるでしょう。離乳食として食べたフルーツジュースなどによるアレルギー症状のこともあります。
  • 熱がある:赤ちゃんは簡単に高い熱を出します。熱そのものは病気ではなく、何らかのウィルスに感染していると言うこと。熱があると言うことは、赤ちゃんの体がウィルスと戦って病気を治そうとしているサインなのです。
  • 耳の痛みや耳の感染症: 中耳炎は生後6か月の赤ちゃんから3歳の幼児がかかりやすい病気です。風邪を引いた時によく併発します。耳の痛みを抑えるために点耳薬を処方してくれるお医者さんもいます。耳の感染症の中には細菌によるものがあり、このような時は抗生物質を使って治療をしなくてはなりません。赤ちゃんが耳を痛そうにしていたら、お医者さんに診せるようにしましょう。

いろいろな物に触れて新しい発見をしたがる赤ちゃんは、手を通してウイルスや細菌に感染しやすくなっています。ママは赤ちゃんが触れる物には気をつけてあげましょう。赤ちゃんはなんでも物を口に入れたがります。飲み込んでしまう恐れのある食べ物やおもちゃを絶対に与えないようにしましょう。また、危険なものは赤ちゃんの周りには置いておかないように気をつけましょう。

icon 7

よくある質問

生後6か月の赤ちゃんにお勧めのおもちゃは?

ガラガラ、割れない鏡や歯固など、赤ちゃんの成長を促すおもちゃが生後6か月の赤ちゃんにぴったりでしょう。

どうやってお座りができるようになるの?

最初のうちは赤ちゃんが座った姿勢のままいられるように、ママの支えが必要となります。次第に赤ちゃんは腕などを使って、自分の体を支えることができるようになります。赤ちゃんの背中や腰の筋力が強くなってきたらグラグラせずに一人でお座りをすることができるでしょう。

生後6か月の赤ちゃんには何を飲ませばいいの?

母乳や粉ミルク以外に、お茶やお水をあげても問題ありません。蓋つきマグカップなどに入れてあげて、哺乳瓶から離れる練習をするのもいいですね。

icon 8

親としての生活:兄弟間の競争意識

年上の子供を持つママは、特にその上の子が2歳以下だと、兄弟間の競争意識が芽生えたことに気がつくでしょう。赤ちゃんが大きくなりもっとかまってもらいたいと言う態度を見せ始めると、上の子は自分が注目の的ではないと混乱しはじめることがあります。こんな時は赤ちゃんのお世話に上の子も巻き込んでしまいましょう。一緒に本を読んだり、歌を歌ったりするのもいい方法ですよね。みんなで一緒にお世話をすると楽しいですし、上の子は自分も赤ちゃんのお世話をやってるんだって思ってくれますね。

Flexible banner

今、あなたにオススメ:

生後6か月のチェックリスト

赤ちゃんのために安全なお家づくりを。赤ちゃんのための安全対策をご覧ください。

6か月健診を受けに行きましょう。

毎月、ワクワクがいっぱいの赤ちゃんの成長。生後7か月目 にはどんなワクワクが待っているでしょうか。

パンパースに登録すると、子育て情報をニュースレターでお届けします。