ポイントプログラム
Week-36-pregnancy

あなたの妊娠週数:

Go

妊娠36週目: 何が起こるのでしょう

妊娠36週目の赤ちゃん

なんていい音。
数々の研究によって、新生児はどんな音よりも、自分のママの声を好むことがわかっています。また、子宮にいる間に繰り返し聞いていた歌に惹かれることも明らかになっています。今からでも遅くありません。毎日、時間を見つけて大好きなCDやテープで音楽を聞かせたり、赤ちゃんにママのお気に入りの歌を歌いかけたり、本の読み聞かせをしてあげましょう。

変幻自在の頭蓋骨。
赤ちゃんの頭は、ママの子宮頚部と骨盤を通過するために特別な構造になっています。胎内にいる赤ちゃんの頭蓋骨はまだくっついていないため、自在に形を変えることができます。この構造のおかげで、赤ちゃん自身もママも傷つけずに産道を下りてくることができるのです。離れていた頭蓋骨は、生後1年間で徐々にくっついていきます。

赤ちゃんの大きさ。
この時期の赤ちゃんの体重は2.5キロから2.7キロの間くらい、全長は48センチ前後になっています。

妊娠36週目のママ。

健診内容がステップアップ。
多くの主治医が36週目から、健診の頻度を週1回に増やします。そして毎回、血圧測定と、尿蛋白検査~も行うようになるでしょう。高血圧と尿蛋白は、妊娠中毒症の可能性を示す兆候。妊娠中毒症になると、ママと赤ちゃんの両方が危険にさらされる可能性があります。

大きな身体でゆったり過ごす。
この時期、ママの子宮は本来の大きさの1000倍に膨らんでいます。体重は妊娠前と比べ、トータルで11キロから13キロほど増えたのではないでしょうか。これからの4週間は、体重が増えても1キロ前後にとどまる可能性が高いでしょう。妊娠の最終月には体重がまったく増えない妊婦さんも多く見られます。大きくなるのは、子宮だけではないかもしれません。これまでに浮腫(余分な水分が体内にたまることで生じるむくみを指す医学用語)が出ていない妊婦さんでも、出産前の1ヵ月間には体内の水分量が増える可能性があります。

無理しない。
できるだけ時間を見つけて、数分間でもいいですから、足を高くするか身体の左側を下にした姿勢で横になって休んでください。どちらの姿勢も、身体の末端に停滞した水分の移動を促し、体液の循環を促進するでしょう。ひとつ、注意していただきたいことがあります。水分の摂取量を減らさないようにしてください。水分を控えても、むくみを抑えることはできません。腎臓に水を流して老廃物を排出させ、腸の蠕動を促し、血液量を増やすために、この時期にも毎日水をコップ8杯分は摂る必要があります。

今、あなたにオススメ:

おむつ

パンパースのはじめての肌へのいちばん

何より守ってあげたい肌だから『5つ星の肌へのやさしさ』