ポイントプログラム
最近また寝付かない

最近また寝付かない

近頃、また寝ついてくれなくなったり、夜中に起き出して泣いたりするようになったというお子さんも多いのではないでしょうか。3歳くらいになるまでの間は、お子さんの夜の行動パターンはしょっちゅう変化します。対処に困った場合は、次のような方法をお試しください。

1、原因を探す

まずは、なぜ夜中に起き出すようになったのか手がかりを探すために、日頃のお子さんの行動を分析してみましょう。


下記のようなことが、夜眠らなくなる原因かもしれません。理由がわかっていれば、問題解決の糸口が見えて、ママの心も少し軽くなるのでは?


●毎日の日課に変更があった。
●親と離れなければならないことがあり、不安にさせた。
●急激に成長している
●歯が生えてくる際にトラブルがある

2、ペースを乱さない

お子さんの寝つきが悪くても、できるかぎり通常の就寝時間を守りましょう。あきらめて夜更かしを許したり、ママの布団で一緒に寝かせてしまったりすると、それが新たなルールとなり、修正するのが難しくなってしまいます。

3、安心感を与える

寝付かない原因の多くは、不快感や不安によるもの。寝る前までの時間に、十分スキンシップが取れていますか?「ママはあなたが大好き。あなたのことがとても大切よ」と言葉で伝えられていますか?ママの優しい語りかけは、お子さんの一番の安心材料です。お子さんが安心して眠れる環境になっているかも、もう一度確認を。部屋の温度・湿度、掛け布団の厚さはよく見落とすポイントです。またオムツの不快感は、せっかく眠ったお子さんの睡眠を妨げる原因のひとつ。「パンパースのはじめての肌へのいちばん」なら、独自の1枚多いさらさらシートが吸収した水分の逆戻りを防ぐから、寝ている間もお肌はずっとさらさら。ムレやモレによる不快感を感じることなく、お子さんは朝までぐっすり眠ることができるでしょう。

今、あなたにオススメ:

おむつ

パンパースの肌へのいちばん(パンツ)

デリケートで傷つきやすい赤ちゃんの肌のために、最高級*の肌触りなパンツを。