4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40
1 2 3 4 5 6 7
1 2 3

生後4か月の赤ちゃんは活発で好奇心がますます旺盛になってきます。赤ちゃんの個性が現れ始めるこの時期を楽しんでくださいね。この時期には座ったり、物を掴んだり、寝返りをうつ赤ちゃんも出てきますよ。

この記事の内容

生後4か月の赤ちゃんの成長の特徴 赤ちゃんの成長をサポートしましょう 生後4か月の赤ちゃんの授乳の目安 生後4か月の赤ちゃんの睡眠時間は? 赤ちゃんの健康: よくある病気の症状 よくある質問 親としての生活:家族の絆 生後4か月のチェックリスト
icon 1

生後4か月の赤ちゃんの成長の特徴

赤ちゃんが生後4か月を迎えました。1日の生活リズムが出てきて、ママの生活も少しは楽になってきたのではないでしょうか。とは言っても、赤ちゃんにはまだまだ注意をしてあげなくてはいけません。生後4~5か月の赤ちゃんは運動能力をますます高めていきます。物を掴めるようになったり、寝返りをうったり、座ることができるようになる赤ちゃんもいます。赤ちゃんとの生活はこれからもっともっと楽しくなっていきますよ。生後4か月の赤ちゃんの様子をまとめてみまました。

生後4か月の赤ちゃんの成長と身体的発達: しっかりと強くなっていく

生後4か月の赤ちゃんは1か月平均で450~560グラム、と急激に成長と発達を続けていきます。 でも、身長も体重も安定したスピードで増加を続けていくことが大切です。赤ちゃんの成長を判断するのに小児科のお医者さんがどのように赤ちゃんの成長曲線 をチェックしているか、関心がありますか? 生後4か月の赤ちゃんは認識能力や身体能力をさらに発達させていきます。また、原因と結果の関連性を理解するようになるので、意志を伴う行動が見られるようになってきます。

赤ちゃんの知覚・感覚: 離れたところが見える!

遠くのものが見えてくるようになり、周りの世界がはっきりとしてきます。ちょっと離れていてもママや家族の顔が判るようになるでしょう。右から左に動くものを簡単に目で追うようにもなります。また、認識できる色が増え赤や青などはっきりした色を好むのにも気がつくでしょう。赤ちゃんが見て喜ぶものはなんでしょう?それは赤ちゃん自身です!ありとあらゆる色や形と同じように自分の動きが写って見ることができるので、この時期の赤ちゃんにとって割れない鏡はいいおもちゃになるでしょう。

認識能力や聴覚の発達に伴い、視覚や言葉も発達してきます。ママが話しかけるリズム、口調やパターンを真似することもできます。赤ちゃんが何を求めているかによって泣き方も変わってきますよ。泣き声は赤ちゃん言葉のように聞こえることがあるかもしれませんが、赤ちゃんはこうやって言葉の基礎練習をしているのです。

赤ちゃんの動き: 寝返りまでもうちょっと

生後4か月の赤ちゃんの動きは、筋肉の発達と視覚と手の連動性に深い関係があります。赤ちゃんが手に取ったものをなんでも口に持っていって舐めようとしているのに気がつきましたか?これは、赤ちゃんの視力が発達してきている証拠で、上手にできるようになってきたしるしです。この時期、赤ちゃんの手が届く範囲に危険なものは置かないように気をつけてあげましょう。おもちゃやガラガラなどを掴んで振ることができる赤ちゃんも出てきます。もう少しすると、一方の手からもう一方の手に持ちかえることもできるようになりますよ。

生後4か月の赤ちゃんは活発に動きますね。赤ちゃんは背中や胸の筋肉を鍛え、うつぶせ寝をしながら頭を持ち上げる練習で大忙しです。寝返りができる力がついてくるのはもうすぐです!

生後4か月の赤ちゃんの成長の特徴

生後4か月の赤ちゃんは以下のようなことができるようになっているでしょう。

  • 首がしっかりしてすわってきます。うつぶせ寝で首を上げることもできます。
  • 手を口に持っていきます。
  • 支えてもらってお座りができるようになります。
  • 興味のあるものに触れて掴むことができます。

赤ちゃんの性格: 赤ちゃんの性格を知っていきましょう

生後4か月になると赤ちゃんの認識能力はさらに高まり、うつぶせの状態で床にお腹をつけ前に進む「ずりばい」ができる赤ちゃんも出てきます。赤ちゃんはますます自分の周りの世界に興味を示すようになりますよ。また、ママの声の調子にさらに反応するようになります。柔らかくて優しいママの声は赤ちゃんを落ち着かせ、安心させます。刺々しい声や怒った声を出すと、何かが悪いんだと不安になることでしょう。赤ちゃんは赤ちゃん言葉でママの声の調子を真似しようとします。音や音節を真似るのは、普通の言葉を話し出す最初の段階と言われています。

赤ちゃんがのんきで好奇心旺盛でない時はどうすればいいの?そんなこともあるでしょう。もっと自分に愛情を注いでほしい、もっと自分にかまってほしいと言う欲求が原因で内気になる赤ちゃんがいるそうです。赤ちゃんが不安に感じていたり、刺激を受けすぎていたり、ちょっと引っ込み思案になったりしていないか、チェックしてみましょう。初めて会う人や初めての遊びをする場合は、赤ちゃんに慣れるための多くの時間を与えてあげましょう。

icon 2

赤ちゃんの成長をサポートしましょう

小児科の先生や他の両親から赤ちゃんの成長についてのアドバイスをもらうこともあるでしょう。生後4か月の赤ちゃん向けの遊びには下のようなものもあります。

視力の発達をサポート:
  • ベビーベッドにカラフルな色の携帯電話のおもちゃをぶら下げてみましょう。赤ちゃんの手の届かない安全な所にあることを確認しておきましょう。
  • 自分の姿や動きを鏡で見せて驚かせましょう。
  • 視界に入ってなくても存在し続けると言う物の永続性を「いないいないばあ」遊びで学ぶことができます。「ばあ」と言って大好きな顔が見えると赤ちゃんはとても喜んでくれますよ。
動きや運動をサポートする:
  • うつぶせ運動をしましょう:うつぶせになって頭や胸を持ち上げることは、寝返りやお座りをするための筋肉を強くします。うつぶせ運動をする時はママは赤ちゃんの側にいてくださいね。
  • お座りの練習をしましょう: 支えながらお座りをさせると、より広い範囲で物を触ったり掴んだりすることができます。
  • たっちの練習をしましょう:赤ちゃんの脇の下に手を入れて、ゆっくりと支えながら立たせてあげましょう。赤ちゃんの足の筋肉を強くします。
言葉の発達をサポート:
  • 赤ちゃんに本を読んで歌ってあげましょう。
  • 赤ちゃんの声を真似してみましょう。
  • 赤ちゃんがママの真似をしたら、明るく反応してあげましょう。
icon 3

生後4か月の赤ちゃんの授乳の目安

生後4か月の赤ちゃんは必要な栄養分を母乳、粉ミルク、または母乳と粉ミルク混合の形態で摂取しています。赤ちゃんが、お腹が空いていると言う合図を出したら、授乳のタイミング。唇をなめたり、舌を出したり、ぐずったり、指をおしゃぶりしているのはお腹が空いている合図であることがあります。通常、生後4か月の赤ちゃんの授乳は3~5時間おきで、120mL~180mlが目安です。おむつの濡れ具合やうんちの硬さや回数をチェックして、赤ちゃんが十分な栄養を取っているか、気をつけてあげてくださいね。小児科の先生も赤ちゃんの成長曲線を見て、赤ちゃんが十分な栄養を取っているかを確認してくれますよ。

赤ちゃんはまだまだたくさんのおむつを使います。赤ちゃんには発育にあった快適なおむつを着けてあげたいですね。パンパースすくすくギフトポイントプログラムのアプリ をダウンロードして、パンパース製品についているポイントで素敵なギフトを獲得しましょう!

icon 4

生後4か月の赤ちゃんの睡眠時間は?

生後4か月の赤ちゃんの1日に必要な睡眠時間は12~16時間と言われています。日中に2回で朝と午後にそれぞれ3~5時間ほどのお昼寝の後、夜はまとまって眠ってくれるようになります。

この時期の赤ちゃんの動きは一日中さらに活発になり、好奇心も旺盛になります。夜に赤ちゃんを落ち着かせるのは大変な重労働ですね…。でも、決まった時間に眠らせる習慣は守るようにしましょう。温かいお風呂に入れてあげたり、優しいベビーマッサージ、赤ちゃんを揺らしてあげたり授乳することで、赤ちゃんは気持ち良く眠りについてくれることでしょう。

icon 6

赤ちゃんの健康: よくある病気の症状

赤ちゃんが咳をしていたり、熱が出るなどの他の症状が見られますか?この時期の赤ちゃんがかかりやすいと言われている病気やどんな時にお医者さんに行けばいいのかを予め知っておくと、ママ・パパもパパもいざという時に慌てずにすみますね。

熱が出ている

熱が出ていると言うことは何らかの病気が進行していることもあります。赤ちゃんの場合、直腸温での正常体温は38℃が目安ですが、これより熱が高いと熱がある状態なので、赤ちゃんが何らかの感染症にかかっていると言えるでしょう。熱がある時は風邪、耳の感染症、肺炎などの可能性があります。熱が出た時はお医者さんに診てもらい、しっかりと調べてもらうようにしましょう。

風邪をひいている

鼻やのどなどの呼吸器系の感染症として知られています。風邪は細菌やウィルスによって引き起こされます。風邪は赤ちゃんがよくかかる病気で、生後2年間ぐらいの間に8~10回は風邪をひくでしょう。人から人へ感染しますし、赤ちゃんは多くのものに触れるので、手を通してウイルスや細菌に感染しやすくなりますね。ベビーシッターさんが赤ちゃんのお世話をしている時や、赤ちゃんに学校に通うような年頃の兄弟がいたら、注意してあげるようにしましょう。鼻水、くしゃみ、微熱、食欲がない、のどの痛みなどの風邪の症状はママ・パパもよく知っていますね。でも、下のような症状が現れたら、小児科の先生に診てもらうようにしましょう。

  • 唇や指先が青みがかっている
  • 咳が1週間以上も続く
  • 普段より眠そうでぐったりしている、ぐずっている。
  • 38℃以上の熱が出ている。
icon 7

よくある質問

生後4か月の赤ちゃんに離乳食を与えていいの?

小児科の先生が勧めるのなら別ですが、生後4か月の赤ちゃんに基本的には離乳食は与えません。 赤ちゃんに離乳食を与え始める時期は生後6か月 ぐらいでしょう。それまでは、母乳と粉ミルクで大丈夫です。この時期になると赤ちゃんが舌を出すのも治まってくるのでし、支えがなくても赤ちゃんの首がしっかりと座り、ママ・パパが食べているご飯に興味があるようであれば、離乳食を始めてもいいでしょう。

生後4か月の赤ちゃんにはどんなおもちゃを与えればいいの?
  • 割れない鏡
  • 柔らかいおもちゃ
  • 音の出るおもちゃやガラガラ
  • 指で掴めるおもちゃ
いつになったら夜の授乳なしで一晩中眠ってくれるの?

生後4か月の赤ちゃんの中には、朝まで起きないでぐっすり眠る赤ちゃんもいます。母乳育児の赤ちゃんの中には夜の授乳が必要な赤ちゃんもいるでしょう。

脱水症状の兆候とは?

1日のおむつの交換頻度が6回以下の場合、脱水症状を疑う必要があります。交換頻度がさらに少ない場合には、極度の脱水症状の可能性があります。泣いている時の涙が少なかったり、目がうつろだったり、大泉門が凹んでいる時も脱水症状を起こしている可能性があります。下痢によって脱水症状を起こしている場合は、水っぽいうんちが出ます。嘔吐や水分不足が原因の場合は、元気がなくあまり動かないでしょう。

赤ちゃんの歯の生え始めの特徴は?

赤ちゃんの歯が生え始める時期や兆候は赤ちゃんによって個人差がありますが、この時期に最初の歯が生えてくる赤ちゃんもいます。歯が生え始める時期にはぐずったり、微熱が出たり、普段よりよだれが多く出たり、歯茎の痛みや腫れの症状が出てくることがよくあります。

icon 8

親としての生活:家族の絆

赤ちゃんが産まれると多くの変化が家族の中に起こりますね。叔母さん・叔父さん、従弟からおじいちゃん・おばあちゃんまで、みんなが家族の新しいメンバーである赤ちゃんに関わりたい、接したいと感じていることでしょう。赤ちゃんのお世話にみんなを巻き込むいいタイミングです。赤ちゃんとのご飯の時間、お風呂の時間や遊びの時間などに協力してもらいましょう。新米ママ・パパには実家の両親や義理の両親、親戚の人たちが洗濯や買い物をしてくれたり、上の子と遊んでくれたら本当に助かりますね。周りの人に手伝ってもらうことでママ・パパのストレスがたまらないし、周りの人々に自分は家族の一員なんだ、と再認識してもらういい機会ですね。

世話好きな親戚やお友達、または全く見知らぬ人から、驚くほどの育児アドバイスをもらうことでしょう。おせっかいな育児アドバイスでイラッとすることもありますよね。子育てにはこれが正しい方法、なんてものはありません。子供の様子を観察し、子供の性格やママ・パパの考えや環境を考慮して物事を進めていくようにしましょう。ママ・パパに不安や心配なことがあれば、小児科の先生に相談するようにしましょう。

Flexible banner

今、あなたにオススメ:

生後4か月のチェックリスト

赤ちゃんを3-4ヶ月健診に連れていきましょう。そして小児科の先生に予防接種のスケジュールを確認しましょう。これから先の予防接種のスケジュール も調べておきましょう。

さあ、これからどんなことが起こるのか? 生後5か月の赤ちゃん を読んでくださいね!

子育てに関する情報をさらに知りたい方は、パンパースのニュースレターに登録してくださいね