赤ちゃんの歯を清潔で健康に保つ方法

赤ちゃんの歯を清潔で健康に保つ方法

赤ちゃんに歯が生え始めたら、デンタルケアをどのようにするか考え始めましょう。どれくらい正確に赤ちゃんの歯磨きと歯ぐきのケアについてあなたは知っていますか?

Q: 赤ちゃんの歯磨きはいつから始めるべきですか?

A: 歯を健康に保つため、歯が生える前から、赤ちゃんの歯ぐきのケアを始めることはよいことです。歯磨き粉を使う必要はなく、柔らかい布やガーゼ、または柔らかい濡れた歯ブラシ等で円を描くように歯ぐきを軽くブラッシングしてあげましょう。始めたばかりの時は赤ちゃんがなぜあなたがブラッシングをしているのかをわからなくても、赤ちゃんはこの習慣を好きになり、やがてお口のケアを日課の一部として認識するようになります。歯が現れたらすぐに「歯磨き」を朝晩のお口のケアに加えましょう。

Q: どんな種類の歯磨き粉を使ったらよいですか?量はどれくらいがよいですか?

A: 米粒ほどの大きさに歯磨き粉をとるのが望ましいです。自分の子どもの年齢にあった子供用歯磨き粉を探しましょう。3歳までにはエンドウ豆ほどの大きさの量まで歯磨き粉を増やしてもいいでしょう。心配ごとや疑問があれば歯科医に相談してください。

Q: どんな種類の歯ブラシを使うべきですか?

A: スーパーやドラッグストアには幅広い品揃えの子ども用歯ブラシが並んでおり、通常、乳児用、幼児用、小学生用に分かれています。自分の子どもの年齢に合わせて、毛が柔らかくてヘッドが小さく、ハンドルが長いものを選びましょう。子どもを一緒にお店へ連れて行って、自分が選んだ3つの候補の中から好きな色を選ばせるのもいいでしょう。

Q: 1日のうちいつが歯磨きにもっともよい時間ですか?

A: 1日2回 、朝ごはんの後と就寝前(最後の食事の後)が理想的です。こうすることで、歯垢に変わり虫歯の原因となる食物中のバクテリアを除去できます。

Q: 私が子どもの歯を磨くべきですか?それとも子どもが自分で磨くようにすべきですか?

A: お子さんが自分で問題なく歯ブラシを持てるようになるまでは、磨いてあげるのがよいでしょう。お子さんが自分で歯ブラシを持てるようになったあとも、近くに立ってとくにブラッシング、すすぎ、そして吐き出すのをみてあげましょう。通常、子どもには歯磨きがきちんとできたかどうかを確認してもらう人が必要です。一般論として、6歳までにはお子さんが自分で歯を磨けるようになっているのがいいでしょう。

Q: 歯磨きのときに赤ちゃんは皆こんなにじっとしていられないものなのですか?!

そうです、歯ブラシと戦う赤ちゃんもいます!お母さんによっては、赤ちゃんの歯を磨くのはヘビとのレスリングのようなものでしょう。幸い、私たちはあなたの赤ちゃんが歯磨きを楽しむための方法とコツをまとめました。また歯医者へ行くことも、歯のケアについて赤ちゃんに教える楽しい方法となるかもしれません。

今、あなたにオススメ: