ポイントプログラム
Week-32-pregnancy

あなたの妊娠週数:

Go

妊娠32週目: 何が起こるのでしょう

妊娠32週目の赤ちゃん

浮いたり、沈んだり。
ほとんどの赤ちゃんはこの週までに、頭を下にした姿勢(頭位)に落ち着きます。理想を言えば、出産までこのままでいてほしいですね。でも、お産までに数回、身体の位置を変える子もいます。

最大限まで大きくなれるように。
この時期の子宮には、1リットルほどの羊水が入っています。これだけ羊水があれば、赤ちゃんはまだ頭を上にしたり、下にしたりと姿勢を簡単に変えることができます。これからの8週間、赤ちゃんの体重が増えるにつれて、羊水の量が減っていくでしょう。

赤ちゃんの大きさ。
この時期の赤ちゃんの体重は1.5~1.8キロ前後、脚を伸ばした全長は43センチから46センチほどです。

生後32週目のママ

肋骨の辺りで赤ちゃんを構ってみましょう。
赤ちゃんが胎内で動いているのを感じると、幸せな気持ちになりますね。でも、赤ちゃんが蹴り上げた足が肋骨の辺りにはまってしまったら、せっかくのかわいらしさも台無しです。そんなときには、身体を横向きにしたり、姿勢を変えたりして、赤ちゃんが移動してくれるように促しましょう。

健診の頻度が2倍に。
妊娠32週目に入ったら、これまで月1回だった定期検診が2週間おきになるのが一般的。主治医は何よりも、細菌感染、早産、妊娠中毒症の兆候がないかどうかを注意深くチェックします。

お産のリハーサル。
出産する予定の病院の見学ツアーに参加すれば、分娩室と産後ケアを受ける部屋を見られるだけでなく、出生届や各種申請の行い方や記入が必要な様々な書類について学ぶことができるでしょう。行くべき場所とやるべきことを事前に知っておくことにより、陣痛が始まったときにあわてなくてすみます。産院に行くルートを地図上で2通り確認し、実際にそれらのルートを使って病院に行ってみましょう。

学校に通おう。
出産準備教室に参加して、熱心に学びましょう。わからないことはどんどん質問して、希望や不安があれば遠慮なく話してください。必ずパートナーにも参加してもらい、いざお産というときに二人とも準備万端になれるようにしましょう。

今、あなたにオススメ:

おむつ

パンパースのはじめての肌へのいちばん

何より守ってあげたい肌だから『5つ星の肌へのやさしさ』