赤ちゃんの便秘

赤ちゃんの便秘

3 回閲覧
27/05/20
1 分で読めます

赤ちゃんのうんちの回数が少ない気がする、うんちを出そうときばっているようなのに、おむつの中にうんちが出ていない。もしかしたら、赤ちゃんは便秘なのでは?こんな不安を感じたママやパパもいることでしょう。赤ちゃんのうんちの回数や量には個人差があります。また、赤ちゃんはまだ自分でうんちを上手に出すことができないので、毎日うんちをしていないからと言って、便秘だと言う訳でもありません。ママとパパは普段から赤ちゃんのうんちの回数や量、状態に気をつけておきたいですね。赤ちゃんが便秘かもしれない、と慌てることのないように、いつ、何回、うんちのかたさや色、どれくらいの量のうんちが出たかなど、うんちの状態や気がついたことを記録しておくのも良いアイデアですね。

この記事の内容

赤ちゃんの便秘の症状は? 赤ちゃんが便秘かも?病院にはいつ連れて行けばいいの? 赤ちゃんの便秘の予防・改善策はあるの?

赤ちゃんの便秘の症状は?

赤ちゃんのうんちの量や回数には個人差があります。毎日うんちをする赤ちゃんもいれば、数日に1回しかうんちをしないと言う赤ちゃんもいます。何日うんちが出ていないからと言って、すぐに赤ちゃんが便秘だと決めることはできないでしょう。普段から赤ちゃんのうんちの状態を記録して、赤ちゃんが便秘なのかどうか、通常のうんちの回数や量、状態と比較することが大事ですね。それでも赤ちゃんに以下の症状が見られたら、赤ちゃんが便秘かもしれない、とさらに注意してあげるようにしましょう。

  • 食欲がない
  • うんちの回数や量が少ない
  • 機嫌が悪く、ぐずっている
  • 母乳やミルクを飲みたがらない、飲んでも嘔吐してしまう
  • お腹が張っている
  • きばっているが便が出にくい

また、赤ちゃんに下のような症状が見られる場合、何か他の病気が隠れているサインのこともあります。下のような症状が見られたら、すぐにかかりつけのお医者さんに相談するようにしましょう。

  • 生まれた直後からうんちが出ていない
  • ぐったりしていて、熱や嘔吐がある
  • 排便時に痛がっている
  • うんちが固く、出血する
  • おなかがパンパンに張っている

赤ちゃんが便秘かも?病院にはいつ連れて行けばいいの?

赤ちゃんのうんちが出ないと、赤ちゃんが便秘かもしれない、早くお医者さんに診てもらったほうがいいのかしら、とママは心配になってしまいますね。ただ、赤ちゃんの体内の消化器はまだ発達している段階です。そして、自分でコントロールして上手にうんちを出すこともできません。赤ちゃんのうんちの量や回数には個人差があり、1~2日ぐらいうんちが出なくても、あとでまとめてたくさん出てくることもあります。母乳やミルクをよく飲んでいて、日中は楽しそうに元気に遊んでいる、体重も順調に増えていると言うことであれば、すぐに心配して病院に連れて行くことはないでしょう。もう少し赤ちゃんの様子を見てあげましょう。

赤ちゃんの便秘の予防・改善策はあるの?

大人にとっても辛い便秘。赤ちゃんが便秘にならないように気をつけてあげたいですね。赤ちゃんが便秘にならないように自分でできる何かいい予防策はあるかしら?と考えるママもいることでしょう。ママが簡単におうちでできるような予防策をまとめてみました。

おなかを優しくマッサージ:上を向いてねんねをした状態の赤ちゃんのおなか全体を優しくマッサージをしてあげましょう。おへそのあたりを中心に「の」の字を描くように優しくマッサージして、腸に刺激を与えましょう。力を入れず、なでるように優しくマッサージ。お互いに見つめ合い、ママと赤ちゃんのいいコミュニケーションの時間にもなりますね。

綿棒でおしりをコチョコチョと刺激:赤ちゃん用の綿棒にベビーオイルやワセリンをつけ、綿棒の先端部分1~2cmがお尻の穴に隠れるくらいに入れて、赤ちゃんの肛門を傷つけないようにゆっくりと円を描くように刺激します。ただ、赤ちゃんが嫌がったりするようであれば、止めてあげましょう。

離乳食のメニューを工夫:離乳食を始めた頃に慣れない食材で赤ちゃんが便秘になるのはよくあること。ママは赤ちゃんが便秘にならないような食材やメニューを取り入れてみましょう。食物繊維を多く含む大根やニンジンなどの野菜、バナナやオレンジなどの果物、わかめやひじきなどの海藻類、サツマイモなどのイモ類、大豆やおからなどの豆類、しめじやシイタケなどのキノコ類などをメニューに多く取り入れるようにしたいですね。プレーンヨーグルトやオートミールも便秘には効果的だと言われています。でも、赤ちゃんに食欲がない、食べても嘔吐してしまう場合は、無理に食べさせないようにしてくださいね。また、ママは母乳やミルクの量にも注意してあげましょう。母乳やミルクが少ないと、水分補給が減って便秘の原因になることも。赤ちゃんが便秘気味かな、とママが心配になったら、離乳食の量を少し減らして、母乳やミルクの量を増やしてみるのも一つの方法でしょう。離乳食に関してご紹介しています。

大人でも辛い便秘の症状。まだ言葉を話せない赤ちゃんは、ママ、お腹にうんちが溜まっているの、と伝えることができません。おむつを替える時、ママはうんちが出ているか、うんちの硬さや色や状態など、赤ちゃんの普段のうんちに問題がないかを気をつけて見てあげるようにしましょう。2~3日、うんちが出ずに、赤ちゃんが便秘かもしれないとママが感じても、赤ちゃんに食欲があって毎日を機嫌良さそうに過ごしていたら、問題はないでしょう。便秘の予防・改善策を参考にして、赤ちゃんにはお腹もおむつもスッキリの快適な毎日を過ごしてもらいましょう!

パンパースすくすくギフトポイントプログラム のメンバー登録はお済ですか?パンパースアプリをダウンロードして、パンパースパッケージ内側のすくすくポイントのシールのQRコードをアプリで読み取ってポイントをゲット!貯めたポイントを素敵なギフトやクーポンに交換いただけるプログラムです!

Flexible banner
参考文献

今、あなたにオススメ: