妊娠中のストレス解消方

ママの栄養は、血液になっておなかのベビーへ

ママとおなかのベビーは、腸でつながっているわけではありません。ママが食べたものはママの体のなかでいったん消化・吸収され、吸収された栄養素が血液によって子宮に運ばれて、胎盤を介しておなかのベビーに届けられます。

関連する妊娠ツール

妊娠体重計算

妊娠中の予想される体重増加を週ごとに確認します。

詳細を記入してください:

これは必須項目です。

これは必須項目です。

これは必須項目です。

ママの食事が、おなかのベビーに伝わるしくみ

栄養は、血液によって運ばれます。 食べ物に気をつけるだけでなく、子宮に十分な血液が行きわたるように、適度な運動で血液の流れをよくすることも大切です。

ママの食事

この時期摂りたい栄養素リスト

妊娠期間中は健康的な食事を心がけましょう。積極的にとりたい栄養は、たんぱく質、ビタミン、カルシウム、葉酸、鉄分、そして食物繊維です。できるだけいろいろな種類の食材を適量ずつ、3食きちんとバランスよく食べましょう。具だくさんスープや味噌汁は栄養バランスが良いのでオススメです。

栄養素主な働き多く含む食品
たんぱく質おなかのベビーの体をつくるために欠かせない栄養素です。肉、魚、卵、大豆、乳製品など
ビタミン類おなかのベビーのためだけではなく、ママの体調管理にも大切。緑黄色野菜、果物、肉、魚、卵など
カルシウムおなかのベビーの歯や骨のもとになります。
*妊娠期間中に必要なカルシウムの量は妊娠していない人の1.5倍。おなかのベビーの歯は、妊娠中期頃のカルシウム摂取量と関係があります。
乳製品、煮干し、しらす、ひじき、大豆、青菜など
葉酸おなかのベビーの神経や脳の発達に重要です。ほうれん草、ブロッコリー、アスパラガス、大豆など
鉄分おなかのベビーの血液のもとになります。ママの貧血予防にも。しじみ、ひじき、パセリ、小松菜など
食物繊維ママの便秘予防に大きな効果があります。海藻類、きのこ類、豆類、根菜類など

やせすぎず、太りすぎずが理想です

栄養の不足や偏りはよくありませんが、栄養をしっかり摂ろうとするあまり食べ過ぎてしまうのもよくありません。骨盤の内側に脂肪がつくと、おなかのベビーの成長や健やかな分娩を妨げてしまうのです。食事は量よりも質を重視して、適度な運動を心がけましょう。

ベビーの腸内環境はママに似る

妊娠期間中はホルモンの影響で腸の働きが弱まり、便秘になりやすくなっています。便秘になると腸内の悪玉菌が増えて環境が悪化し、お肌のトラブルなどさまざま な不調を招きます。さらに最近の研究では、生まれてくるベビーは、ママの腸内細菌を引き継ぐという報告もあります。腸内環境もママに似てしまうということ なので、ベビーのためにも便秘の予防に努めましょう。

便秘予防には…

●食物繊維をしっかりとる ●ヨーグルトを食べる ●朝起きたらコップ1杯の水を飲む ●便意がなくても定期的にトイレに行く

本記事の内容について
本記事に掲載されている情報は、信頼のおける医療機関や政府機関からの情報にもとづいたものです。 参考及び参照のリンクにつきましては、以下をご参照ください。また、掲載された内容につきましては十分な注意を致しておりますが、医療従事者などの専門的な意見に取って代わるものではありませんので、ご注意ください。 診断や治療法につきましては、必ず 医療従事者などの専門的な意見を聞いていただきますよう、お願い申し上げます。

Flexible banner