妊娠線 – 妊娠線に関するアドバイス

妊娠線とは

2 ビュー
20/05/19
1 分で読めます

多くの妊娠中のママが悩まされる妊娠線。お腹の中で大きくなっていく赤ちゃんの成長にあわせて、ママの皮膚が伸びていると言うサインです。残念ながら、妊娠線を完全に予防することはできませんが、妊娠線が出てくる可能性を下げる方法は幾つかあります。妊娠線が出てきても心配しないで。通常、時間が経てば消えていきます。

妊娠線ってなに?

妊娠線は、皮膚にできるピンク、赤、紫や茶色の亀裂です。妊娠線は多くの妊娠中のママが経験します。元はラテン語の妊娠の縞々(striae gravidarum)からきていて、下腹部、胸、太もも、お尻や二の腕などの部位に現れることが多いです。

ママに妊娠線が現れるか、どれほど目立つのかは遺伝的要素が影響します。皮膚の色が白い人は、妊娠線が目立つでしょう。歳が若い妊娠中のママや妊娠中に急激に体重が増加したママ、双子を妊娠 しているママや 三つ子を妊娠しているママにも妊娠線ができやすいと言われています。 妊娠をすでに経験したママや家族の中に妊娠線ができた人がいるママにもできやすいようです。妊娠中のホルモンレベルの変化で皮膚が薄くなり、妊娠線ができやすくなります。

妊娠線はいつできるの?

妊娠線はいつできるの、と疑問に思うかもしれませんね。個人差がありますが、妊娠線 は赤ちゃんの成長で子宮が大きくなり体重が増える妊娠期間の後期に現れることが多いようです。妊娠中期 や 妊娠30週目に現れるママもいます。妊娠後期 まで妊娠線に気が付かないママもいれば、全く妊娠線が現れないママもいます。

妊娠線の予防法はあるの?

残念ながら完全に妊娠線を予防する方法も、妊娠線を完全に消してくれるクリームもありません。そこで、妊娠線が現れるリスクを減らす方法や目立たなくする方法を書き出してみました。

  • 体重増加は6~13キロの範囲に抑え(個人差があるので、お医者様にアドバイスをもらいましょう。)、妊娠中はゆっくりとした体重増加を心がけましょう。妊娠中の健康的な食生活 を参考にしましょう。
  • 水分を多く取りましょう。
  • 妊娠中も適度な運動を心がけましょう。
  • 過度な日焼けを避けましょう。
  • 胸に妊娠線ができるのを予防するため、しっかりしたサポートブラジャーを使ってみましょう。
  • クリームやオイルを使っても完全な妊娠線の予防にはなりません。ただ、肌の乾燥対策や妊娠中に現れる兆候の1つである肌の痒みを抑える 効果はあるでしょう。

出産後に妊娠線を消すことはできるの?

妊娠線は完全には消えませんが、妊娠期間が終わると妊娠線は気が付かないくらいに薄くなります。レーザー治療などで妊娠線を消すことを考える妊娠中のママもいるようですが、費用もかかるので、ママのお肌の状態にあわせてお医者さんと相談するようにしましょう。

妊娠中の体の変化を心配するママは多いでしょう。でも、心配しないで。ママの体はお腹の中の赤ちゃんを守り、無事に産まれてくれるために信じられないような仕事をしているのです。妊娠線はママの体がお腹の中の赤ちゃんを守っているという証なのです。

Flexible banner
参考文献

今、あなたにオススメ: