もうすぐパパになる男性:体重増加

お子さんが最初の言葉を話すことほど心躍る成長の目安はありません。68か月頃になると、赤ちゃんによっては「パパ」や「ママ」など最初の言葉を片言で話すようになります。一歳を迎える頃には、さらに23語話すようになっているかもしれません。ここでは、赤ちゃんの発話を促すためのアドバイスを紹介しましょう。

おしゃべりの水準を上げる 赤ちゃんに話しかけるだけで、新しい語彙を教え、最初の言葉を促すことにつながります。日常の仕事をこなしながら、または新しい言葉を教えられる場面に出会った時など、絶えず語りかけを行いましょう。

返事を返す お子さんの興味に寄り添い、話す内容についてはお子さんの気持ちの向くままに任せましょう。例えば、お子さんが犬を見つめて片言を発していたら、それを話題にし、子犬を指差しながら「イヌ」という言葉を繰り返しましょう。

日々の活動や繰り返しに着目する 入浴時間、食事時間、着替えの時間などの日常の活動は、赤ちゃんと毎日同じ会話をする絶好の機会です。こうした時間に、赤ちゃんは主要な単語や語句を耳で覚え、言葉とその活動を結びつけるようになっていきます。

赤ちゃんのためにお手本となる話し方 赤ちゃんが話す力をつけられるように、ゆっくりと短い文章で話し、赤ちゃんの方に繰り返そうとする準備が出来るまで待つことが大切です。遊びを通して、ものと単語を認識できるよう導きましょう。

ただし、子供によって早く話し始めるお子さんもいれば、最初の言葉が出るまで時間のかかるお子さんもいるということを覚えておきましょう。あなたの知らないうちに、お子さんは言葉の成長を遂げつつあるのです!

Flexible banner