open_article-3-to-9

新生児のうんちは、1日10回になることも!

生後1ヶ月頃までのベビーは、1日に10回もうんちをすることがあります。おしっこの回数にいたっては、15~20回にのぼることも。 オムツは「汚れたら替える」が原則です。 定期的に汚れていないかチェックしましょう。

オムツチェックのタイミング

  • 授乳の前後

  • 目を覚ましたとき

  • 泣いたとき

オムツ替えの時の注意点

うんちに気づいたらすぐ替えよう! うんちはベビーのデリケートな肌の大敵。 気づいたら、できるだけ早く替えてあげましょう。

オムツを外したときに注意! ベビーはオムツを外したとたん、気持ちがよくて おしっこをすることが。油断しないよう気をつけましょう。

話しかけながらオムツ替えを! オムツ替えは大事なスキンシップのひとつ。「オムツ替えは楽しい!」とベビーに思わせるようにしましょう。

足を強く引っ張りすぎないこと! 股関節脱臼になる恐れがあります。 特に生後3ヶ月までは注意しましょう。

授乳後は、おしりを上げすぎないこと! おしりを高く上げすぎると、吐いてしまうことがあります。ベビーの様子を見ながら、注意して上げましょう。

おしりの上げ方

足を曲げておしりを軽く上げましょう。

ママの手がちょうど入る高さに上げましょう。

後ろを拭くときは、ベビーを横にしましょう。

オムツかぶれ予防のポイント

オムツとおしりを清潔にたもちましょう。 オムツはこまめに取り替え、うんちの後は、おしり拭きなどでおしりや股の汚れをきれいに落としてあげましょう。

男の子

男の子は、おちんちんの裏や しわの間もていねいに拭きます。

女の子

女の子は、前から後ろに一方通行に 拭くのが基本です。割れ目やヒダの うんちやおしっこもきれいに拭きます。


【 あなたにおすすめの人気記事 】

Flexible banner