新生児 お なら

ママやパパは赤ちゃんのおならを聞いたことがありますか?まだ、聞いたことがない?おならをする赤ちゃんは多いので、近いうちに赤ちゃんのおならを経験するかもしれません。赤ちゃんはよくおならをします。特にまだ消化器系が未発達な新生児の時期によくおならをします。 でも、赤ちゃんがうなったり、泣いたり、苦しそうにしていたら、心配で何とかしてあげたいですよね。赤ちゃんが頻繁におならをする理由や原因、泣いたり苦しそうにしている時にどのように対処すればいいのか、などをご紹介します。

赤ちゃんのおならの原因は

まずは赤ちゃんがどのように栄養をとっているのかを見ていきましょう。赤ちゃんはママのお腹の中では胎盤を通じて、必要な栄養や酸素をもらいます。生まれてからは、母乳やミルクを飲むようになります。赤ちゃんの未発達な小さな消化器官にとって、これは大きな変化であり、赤ちゃんがよくおならをする主な原因です。赤ちゃんの消化器官が発達して、腸内細菌などの微生物が形成されるまでには時間を必要とします。赤ちゃんは母乳やミルクを飲んだ時に一緒に空気を飲み込んでしまいますが、未発達な赤ちゃんの消化器は、この空気をゲップで全部外に出すことはできません。こうして体内に残った空気がおならとして外に出てくるのです。

赤ちゃんのお腹の中にガスが溜まっているサインは?

赤ちゃんのおしりから臭いがしてきたり、プーと言う音を聞いたら、赤ちゃんのお腹の中にガスが溜まっていると思ってよいでしょう。この他にも、赤ちゃんがここに書いたような状態だと、赤ちゃんのお腹の中にガスが溜まっているかも、というサインです。

  • 吐き戻し:赤ちゃんが母乳やミルクを飲んだ後に吐き戻すことがよくあります。母乳やミルクを飲むときに空気を一緒に飲み込んでしまい、赤ちゃんのお腹にガスや空気が溜まることが原因です。吐き戻すことで、空気が胃や消化器官に送られず、外に出されます。

  • うなったり、泣いたりする:お腹にガスが溜まるのは赤ちゃんにとっても不快なので、不機嫌になったり泣いたりします。

  • 足を上げる:赤ちゃんが足をお腹に届くほど上げている場合、ガスが溜まってお腹が痛いのかもしれません。赤ちゃんはこのような動きで不快感を抑えようとすることがあります。

  • 食欲がない:お腹にガスが溜まると、食欲がなくなることも。ガスが溜まって、お腹が張ったり、けいれんしたり、下痢になったりすることもあるのです。

赤ちゃんのお腹にどうしてガスが溜まるの?

別に恥ずかしいことではなく、多くのママやパパが疑問に思っています。赤ちゃんのお腹にガスが溜まる理由を見ていきましょう。

  • 食物アレルギー や食物過敏:食物過敏が原因で、赤ちゃんのお腹にガスが溜まるのはよくあることです。ママの食生活が母乳の質に影響を与え、赤ちゃんの消化が悪くなってしまうことも。ただしアレルギーの場合、じんましんやあえぎなどの他の症状が出てくることが一般的なので、このような症状が出てきたら、すぐにお医者さんに診てもらいましょう。

  • 乳糖不耐症:栄養の観点から、専門家は牛乳から作られるミルクを勧めます。ただ、赤ちゃんが乳糖不耐症の場合、お腹にガスが溜まったり、うんちがゆるくなったり、吐き気や嘔吐などの症状が見られることがあります。

  • 母乳分泌過多や乳腺炎 など:赤ちゃんは母乳を飲んでいますか?母乳分泌過多になると、ママのおっぱいの出が良すぎて、大量の母乳と空気を一緒に飲みこむことも。赤ちゃんのお腹にガスが溜まりやすくなり、おならが出ます。

まとめ

赤ちゃんのお腹にガスが溜まっている時、赤ちゃんは泣いたり、吐き戻したり、足をお腹の辺りまで上げたり、食欲がなくなったりします。通常、お腹に溜まったガスはしばらくすると外に出ていきますが、症状が改善しない場合はお医者さんに診てもらいましょう。乳糖不耐症、食物過敏、飲んだり食べたりのスピードが早いことが原因です。

 

赤ちゃんのお腹にガスが溜まっている時の対処法は?

赤ちゃんのお腹にガスが溜まっている時、赤ちゃんを楽にする方法はあるのでしょうか?お腹や消化器官にガスが溜まらないよう、お家で簡単にできる方法をいくつかご紹介します。

1.授乳中や授乳後にゲップをさせる

おっぱいやミルクを飲むときに一緒に空気を吸い込んでしまいます。これが赤ちゃんの胃に溜まり、ガスになります。おっぱいやミルクを飲んだ後、授乳後の眠る前に上手にゲップ をさせてあげましょう。また、飲んでいる途中にゲップをさせても問題ありません。

お役立ち情報

ゲップをやりたがらない赤ちゃんもいます。必ずしもやらなければならないものではないですが、ゲップを授乳後のルーティンにして、赤ちゃんを楽にしてあげましょう。

 

2. ゆっくりと飲ませましょう

赤ちゃんに早く飲む癖がついていませんか?赤ちゃんがおっぱいやミルクを早く飲む場合、一緒に空気を飲み込んで、胃や腸にガスが溜まってしまうことがあります。ゆっくりと穴から出てくるような、空気を飲み込みにくい乳首の哺乳瓶を使って飲ませてみましょう。母乳を飲む赤ちゃんで、母乳が多く出てくる場合、お医者さんに相談したり、母乳育児の専門家に相談してみましょう。

3. 正しい哺乳瓶を使いましょう。

穴からゆっくり出てくる哺乳瓶をはじめ、赤ちゃんがむせにくくなるような哺乳瓶、吸出し量を調整できるような新生児向けに作られた哺乳瓶を試してみましょう。複数の穴からミルクが出る哺乳瓶など、空気を飲み込んでしまうのを防ぐような、新生児に優しい設計の哺乳瓶を試してみましょう。

お役立ち情報

赤ちゃんがミルクやおっぱいを飲むのが早すぎると、赤ちゃんのお腹の中にガスが溜まってしまいます。このような場合、赤ちゃんが空気を飲み込んでしまわないように設計された哺乳瓶を試してみましょう。母乳育児の場合、空気を飲み込んでしまわないよう、色々な姿勢を試してみましょう。 

 

4. 食物過敏ではないか確認しましょう

おっぱいを飲んだ後に赤ちゃんに不快な症状が現れる場合、ママが食べている何らかの食材に対して拒否反応を起こしている可能性があります。思い当たる食材があれば、1週間ほどその食材を食べないようにして、赤ちゃんの反応を見てみましょう。コーヒーや紅茶、緑茶に含まれるカフェイン、乳製品、玉ねぎ、キャベツや香辛料を含む食品などが考えられます。

5. ミルクを変えてみましょう

どのミルクがいいのかは赤ちゃんによって変わってきます。まず、お医者さんは牛乳を含むミルクを勧めます。でも、乳糖不耐症や牛乳アレルギーの赤ちゃんもいます。このような場合、鉄分を多く含む豆乳ベースのミルクやアレルギー物質を除いたミルクを試してみるのもいいアイデアです。ミルクを変えたほうがいいかもと考えているのであれば、まずはお医者さんに相談してみましょう。お医者さんが適切なアドバイスをくれるでしょう。

役に立つアドバイス

赤ちゃんの食生活やミルクを変える前に、まずはお医者さんに相談しましょう。ガスが溜まる原因がミルクでない場合ももちろんあります。

 

6. 赤ちゃんにおススメのガス抜きの姿勢

胃や消化器官にガスが溜まっている赤ちゃんにおススメの姿勢があります。以下にまとめました。

  1. 左横向けにする:赤ちゃんを抱っこして、左横向けにしてみましょう。 赤ちゃんの背中を優しく撫でて、落ち着かせてあげましょう。

  2. 仰向けにして足の体操を:赤ちゃんを仰向けにして、自転車をこぐように両足を持ち、優しく動かしてあげましょう。また、赤ちゃんの両足を持って、伸ばしたり曲げたりしながら、足をお腹の方に屈伸させるのもいい方法です。

  3. うつぶせにする:うつぶせ遊び には多くのメリットがありますが、消化吸収を助けるのもメリットの1つ。下半身が押されることで、消化器系を活発にしたり、腹筋をリラックスさせて消化吸収を助ける嬉しいメリットがあると言われています。また、赤ちゃんがうつぶせ遊びをしている時は、決して目を離さないようにしましょう。

関連する記事

赤ちゃんのお世話
赤ちゃんのうんちの色

お腹にガスが溜まって泣いているの?それとも黄昏泣き(コリック)?

赤ちゃんは話すことができないので、泣くことで気持ちを伝えます。お腹の中にガスが溜まって不快な時にも、赤ちゃんは泣いたりぐずったりして、不快感を伝えようとします。赤ちゃんがずっと泣いていると、これはコリック だと勘違いしてしまうママやパパがいるかもしれません。でも、コリックは全く別のもの。コリックは、体調に問題のない元気な赤ちゃんが特に原因もないのに長時間、激しく泣き続ける状態のことです。 夕方に多くみられることから、黄昏泣きとも呼ばれます。赤ちゃんのお腹にガスが溜まって泣いているのであれば、対処法はありますが、コリック泣きの赤ちゃんは特定の原因が無いのに泣いているので、あやすことは簡単ではありません。どちらか特定はできないですが、赤ちゃんが泣いている原因として以下のことが考えられます。

  • 消化や吸収の機能が未発達

  • 腸内細菌がまだ形成されていない

  • 食物アレルギーや食物過敏症

  • 食べすぎや飲みすぎ

  • ゲップが上手にできていない

コリックの原因はまだはっきりしません。生後3ヵ月頃 から始まりますが、これは一時的なものなので、自然に落ちついてきます。赤ちゃんには個人差があります。コリック泣きやお腹の中にガスが溜まっていると心配であれば、お医者さんに相談しましょう。

まとめ

お腹にガスが溜まる赤ちゃんとコリック泣きの赤ちゃんには共通の症状がありますが、原因は全く違います。心配や不安なことがあれば、お医者さんに相談しましょう。

 

よくある質問

赤ちゃんのお腹にガスが溜まるのはよくあることです。おっぱいやミルクを飲む時に一緒に空気を吸い込んでしまうことが原因です。ゆっくりと飲むような工夫をしてみましょう。また、授乳後はゲップをさせてあげましょう。

お家でできる簡単な方法が幾つかあります。赤ちゃんを左横向きや仰向けにしたり、うつぶせ遊びを試してみましょう。また、穴からゆっくり出るような哺乳瓶、赤ちゃんがむせにくくなるような哺乳瓶、吸出し量を調整できるような赤ちゃんに優しく設計された哺乳瓶を試してみましょう。

赤ちゃんがおっぱいやミルクを飲む時に、空気を一緒に飲み込まないように注意してあげましょう。授乳の姿勢を変えたり、穴からゆっくり出るような哺乳瓶、赤ちゃんがむせにくくなるような哺乳瓶、吸出し量を調整できるような赤ちゃんに優しく設計された哺乳瓶を試してみましょう。授乳後は、ガス抜きできるような姿勢をさせたり、仰向けにして足の体操を試したりしましょう。

おわりに

赤ちゃんのお腹にガスが溜まるのはよくあること。でも、お腹にガスが溜まって苦しそうにしている赤ちゃんを見るのは辛いですね。赤ちゃんのお腹にガスが溜まる原因は、生まれたばかりの赤ちゃんの消化や吸収の機能はまだ未発達であること、母乳やミルクなどの新しい食生活に慣れ始めている状態であることがあげられるでしょう。今回の記事を参考にして、お腹にガスが溜まった赤ちゃんを楽にしてあげてくださいね。 ガスがお腹に溜まりすぎて、お腹が痛い場合、お医者さんに診てもらいましょう。食物アレルギーやミルクが合っていない可能性もあります。赤ちゃんは泣くことで気持ちを伝えます。お腹にガスが溜まって、赤ちゃんが泣くことは自然のことです。不安や心配があれば、かかりつけのお医者さんに相談しましょう。赤ちゃんの成長 も参考にしてくださいね。

本記事の内容について
本記事に掲載されている情報は、信頼のおける医療機関や政府機関からの情報にもとづいたものです。 参考及び参照のリンクにつきましては、以下をご参照ください。また、掲載された内容につきましては十分な注意を致しておりますが、医療従事者などの専門的な意見に取って代わるものではありませんので、ご注意ください。 診断や治療法につきましては、必ず 医療従事者などの専門的な意見を聞いていただきますよう、お願い申し上げます。