4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
1 2 3

生後11か月の赤ちゃんは、日に日に活発に歩き回るようになります。好奇心が旺盛な赤ちゃんは新しい経験を楽しんで、新しい能力を発達させていきます。生後11か月の赤ちゃんについてさらに知り、一緒に成長をサポートしましょう。また、睡眠や離乳食のアドバイスなどもまとめています。

この記事の内容

生後11か月の赤ちゃんの成長の節目 赤ちゃんの成長をサポートしましょう 生後11か月の赤ちゃんの授乳の目安 生後11か月の赤ちゃんの睡眠時間は? 生後11ヵ月の赤ちゃんの1日 赤ちゃんの健康: お家の中での事故対策はしっかりと よくある質問 親としての生活: ママやパパの社会とのかかわり 生後11か月のチェックリスト
icon 1

生後11か月の赤ちゃんの成長の節目

好奇心がいっぱいの生後11か月の赤ちゃん。この時期にたくさんの楽しくてワクワクすることを経験します。物を触ることで世界を知り、自分の足でつたい歩きを始めます。赤ちゃんが歩き始めたら、これまで以上に周りに危険なものがないかを注意してあげましょう。そして赤ちゃんがつたい歩きの冒険に出て新しい発見をしていくのを見守ってあげましょう。

生後11か月の赤ちゃんの成長と体の発達: 前へ進む

生後1年をもうすぐ迎える赤ちゃんの体重は、出生時の体重の3倍ほどになっています。この時期の赤ちゃんの体重増加が少し緩やかになっても問題はありません。その理由は、はいはい、ずりばい、お遊びと赤ちゃんがよく動いているから。この時期は普段よりも多くのカロリーを消費しているのです。生後11か月の赤ちゃんの体重や健康についてママやパパに疑問や不安なことがあれば、小児科の先生に相談するようにしましょう。

赤ちゃんが最初の第一歩を踏み出すのはいつでしょう。とてもワクワクする成長の目安ですね。赤ちゃんがちょっと内股で歩いていても驚かないようにしましょう。歩く練習をする時期の赤ちゃんには内股で歩く赤ちゃんが多いのです。歩き出して間もないのでお尻の靱帯がゆるく、足が外側に向いています。生後1歳の誕生日を迎えた数か月後には、靱帯が引き締まり、足は前を向いてくるでしょう。

赤ちゃんの知覚・感覚: 素材と触感

生後11か月の赤ちゃんは触感を含む全ての感覚を使って、成長と発達を続けています。お家の安全対策がばっちりなら、ママやパパがしっかりと側について赤ちゃんにお家の探検をさせてあげましょう。まだ、安全対策ができてなければ、台所からバスルームまでお家の安全対策 を済ませましょう。赤ちゃんは喜んで引き出しやたんすなどを開けて、新しく発見したものがどういうものかを理解しようとします。赤ちゃんは見つけたものを口に入れようとするので、安全には気をつけてあげましょう。ツルツルした調理台やお庭の草など、手触りの違うものを触らせるのもよい経験です。お家の中や外にあるもので新しいことを経験させてあげましょう

生後11か月の赤ちゃんのおもちゃは高価なものや赤ちゃんの脳の発達を高めるために複雑なものでなくても構いません。この時期の赤ちゃんには、下のようなものがお勧めです。

  • カップ、ボール、割れない容器
  • 大きな絵の描かれた本
  • 色々なサイズのボール (赤ちゃんの口よりも大きいもの)
  • トイレットペーパーの芯、卵ケース、空のペットボトル

赤ちゃんと一緒に今すぐできる遊び を発見しましょう。プラスチックのカップや木のスプーンなど身近にある安全な家庭用品で楽しい遊びを考えてみましょう。

赤ちゃんの動き: つたい歩きは気取らずに

ママやパパは赤ちゃんの動き、バランスや連動性が発達していくのをここ数か月の間、ずっと見てきましたね。生後11か月の赤ちゃんは自分で歩き出す準備をしています。はいはい、つかまり立ちをしながら赤ちゃんは足の筋肉を鍛えてきました。ちょうどこの時期かもうすぐしたら赤ちゃんは家具や何かに捕まりながら、つたい歩きを始めるようになります。つたい歩きが始まったら、赤ちゃんは本当に人生の旅を始めるのです!

家具の角や赤ちゃんが捕まった時に落ちてくる可能性のある箇所、これらをコーナーガードなどでしっかりと安全対策をしていますか?安全対策がばっちりであれば、赤ちゃんをつたい歩きの旅に出してあげましょう。つたい歩きをしている時は、ママやパパが赤ちゃんの手を持ってサポートをしてあげてもいいでしょう。赤ちゃんに自信がついてバランスの取り方が上手になってくれば、家具などを掴ませて、一人でつたい歩きをさせてあげましょう。

赤ちゃんの知覚・感覚の発達: バイリンガルの赤ちゃん

ママやパパの家族がバイリンガルの家族であれば、赤ちゃんに2つ目の言語を学ばせる良いチャンスです。2つの言語を継続的に聞いて両方の言葉を学ぶ、と言う驚く能力を赤ちゃんは持っています。もちろん時には困惑することもあるでしょうが、これは言葉の発達段階でよくあること。 通常、小さいうちから2つの言語に慣れ親しんでいると、のちに両方の言語を流ちょうに話すことができるようになるでしょう。

赤ちゃんの言葉の発達と同じように、聞く・理解すると言う能力も発達しています。生後11か月の赤ちゃんは、ママやパパがバイバイと手を振ってとかおもちゃを取ってなどと簡単なお願いをすると、やってくれるようになるでしょう。赤ちゃんが手を振ったり、叩いたり、落としたりする全てのものにはそれぞれの機能があると言うことも学んでいきます。赤ちゃんがコップから飲んだり、電話を耳にあてたり、と物を正しく使い始めるのを目にするようにもなります。

icon 2

赤ちゃんの成長をサポートしましょう

生後11か月の赤ちゃんはさらに好奇心が旺盛になり、運動能力が発達したことで自信を持つようになります。生後11か月の赤ちゃんの好奇心に刺激を与えるおもちゃで遊ばせましょう。積み木やぬいぐるみ、どこの家にもあるような木のスプーンや容器などがこの時期の赤ちゃんにはおすすめです。近くの公園、図書館、見て触れて経験することがたくさんある子供のミュージアムなどに出かけるのもおススメです。ママやパパが側について、赤ちゃんが行きたいところに行かせてあげましょう。赤ちゃんが目標に進み、新しくて面白いことを発見するのをゆっくりと見守ってあげましょう。

毎日、赤ちゃんに絵本を読んであげていますか?床に座って一緒に遊んであげていますか?本の読み聞かせは言葉やコミュニケーション能力を活発にします。床で一緒に遊ぶことは赤ちゃんの体を強くして、運動能力を高めます。

icon 3

生後11か月の赤ちゃんの授乳の目安

1歳の誕生日が近づいてきました。赤ちゃんの食欲がここ数か月と比べて少し落ちたような気がする?生後11か月は、赤ちゃんの成長スピードが緩やかになり、食べることよりも新しく楽しいことに夢中になっている時期です。生後11か月の赤ちゃんはより多くの栄養を離乳食や飲み物から取り始めるので、母乳や粉ミルクの量は減ってくるでしょう。好き嫌いも出てくる時期です。蓋つきマグやベビーマグを持てるようになり、離乳食の種類が多くなり、手づかみ食べも上手になってきます。好奇心が旺盛で社交的な赤ちゃんを自分のハイチェアーに座らせて、ママやパパと一緒にご飯を食べ始めるのはどうでしょう?ハイチェアーに座らせる時には安全ベルトで赤ちゃんを固定するのを忘れずに。赤ちゃんがテーブル蹴ったりしてハイチェアーがひっくり返らないよう、ハイチェアーの位置には気を付けましょう。

icon 4

生後11か月の赤ちゃんの睡眠時間は?

生後11か月の赤ちゃんの1日はたくさんの新しい経験や遊びでいっぱい。この時期の赤ちゃんは午前と午後1回ずつのお昼寝を併せて、平均して1日に9~12時間ほど眠ります。お昼寝は1回あたり通常、30分から2時間ぐらいとなるでしょう。これまで夜はずっと寝てくれていたのに、夜中に突然起きて泣き出すこともあります。これはママやパパと離れている不安から来るもの。ママやパパにとってはどう対処していいか分からない辛い時期ですね。ママやパパと離れるのが嫌で赤ちゃんが夜に寝たがらなかったり、ずっと起きていたりするのはほとんどの赤ちゃんが経験することです。赤ちゃんにとってママやパパがとても大切な人と言う証拠なのだと覚えておいてくださいね。

眠る前には必ずこれをやる、と言う入眠儀式を考えましょう。温かいお風呂にいれたり、本を読んであげたり、赤ちゃんをリラックスさせるマッサージなどがおススメです。夜に赤ちゃんが泣いてしまっても、抱っこしたり授乳したりせず、ママやパパはここにいるから心配しないで、と優しくトントンして慰めてあげましょう。

赤ちゃんが夜に泣き出してしまった時は?

  • 何らかの病気ではないかを確認しましょう。
  • おむつをチェックしましょう。おむつが汚れているのかもしれません。
  • ママやパパが赤ちゃんの側に行って優しい言葉をかけるまで、赤ちゃんを少し泣かせたままにしましょう。一人でに泣き止んで再び眠りについてくれることもあるでしょう。

これまで眠ってくれていた赤ちゃんが夜に起きてしまうのは辛いですね。でも、やがて赤ちゃんはママやパパが側にいなくても泣き止み、自分一人で眠ることを学んでいきます。赤ちゃんにぐっすりと眠ってもらうための入眠儀式 を参考にしてくださいね。

icon 5

生後11ヵ月の赤ちゃんの1日

icon 6

赤ちゃんの健康: お家の中での事故対策はしっかりと

生後11か月の赤ちゃんは休まずずっと動き回っているでしょう。赤ちゃんが動き回ることを楽しんでいるのは嬉しいことですが、どこかにぶつかったり怪我をしてしまうことも・・・。
落ちてしまったり、やけどをしたり、どこかを切ってしまったり、擦り傷ができたり。これらが一般的なお家の中での事故でしょう。ママやパパがお家の安全対策をどれだけしっかりとやっていても、これらの事故は起きてしまいます。お家の中ではいつも赤ちゃんに注意して、安全対策がばっちりのお部屋だけに行かせるようにしましょう。階段があるお家では、階段の上から赤ちゃんが落ちてしまわないようにベビーゲート を必ず取り付けるようにしましょう。電化製品のコードがむき出しになっていませんか?大きな電化製品は赤ちゃんの手の届かないところにありますか?赤ちゃんがやけどなどしないよう、熱いものを運ぶ時には赤ちゃんがどこにいるかもチェックしましょう。赤ちゃんに何かあった時の応急処置対策は万全でしょうか? 例えば、気道内に何かを詰まらせてしまった時に取り出す方法を知っていますか?救急車や病院の電話番号は携帯電話に保存するだけでなく、冷蔵庫などよく見える場所にも書いておきましょう。ママやパパが赤ちゃんをしっかりと見守り、事故を防ぐ。何かあった時には適切な対応が取れる。こうした心の準備ができているとママやパパも安心して赤ちゃんとの遊びに集中できますね。

icon 7

よくある質問

生後11か月に必要な母乳や粉ミルクの量は?
生後11か月の赤ちゃんに必要な1日のカロリーは少なくとも750カロリーが目安です。栄養の半分は離乳食から、もう半分は母乳や粉ミルクからが理想的でしょう。

生後11か月の赤ちゃんのお昼寝の回数は?
この時期の赤ちゃんのお昼寝は1日に9~12時間が理想です。お昼寝は午前に1回、午後に1回で1回あたり30分~2時間が目安です。

生後11か月の赤ちゃんは何を食べるの?
小さくして手づかみで食べられるものが理想でしょう。離乳食用のおやき、蒸した野菜、バナナ、パスタ、パン、鶏肉などがお勧めです。生野菜などはもう少し後の時期にしましょう。

母乳や粉ミルクをあげるのはいつまで?
生後1年を過ぎた頃から牛乳を与えてもいいと言われています。もっともこの時期の赤ちゃんはまだ母乳や粉ミルクからも栄養を取ります。牛乳を飲んだ後に喘ぎ、じんましん、下痢などの症状が見られたら、小児科のお医者さんに相談するようにしてください。

卵をあげる時期は?
生後11か月の赤ちゃんにはスクランブルエッグなどを食べ掴みの食べ物として与えても大丈夫です。卵は美味しくて調理も簡単。そして栄養もいっぱいですね。ただ、卵はアレルギーを起こすこともあるので、卵を初めてあげる時にはじんましん、嘔吐、咳などのアレルギー症状が出ないかに注意しましょう。赤ちゃんが卵アレルギーではと心配なら、お医者さんに相談しましょう。

赤ちゃんがまだ指をおしゃぶりしていたら?
赤ちゃんは指しゃぶりをします。赤ちゃんの多くが生後6~7か月ぐらいで指しゃぶりをしなくなりますが、よちよち歩きの時期でも指しゃぶりをする幼児もいます。ママやパパの赤ちゃんが指しゃぶりをしていても、心配することはありません。ただ、5歳になっても指しゃぶりが続くようであれば、口蓋環境や歯並びに影響が出てくる可能性があるので、お医者さんに相談してみましょう。

icon 8

親としての生活: ママやパパの社会とのかかわり

ママやパパの健康や幸福度は赤ちゃんを育てるためにも大切なことですね。ママやパパと外の世界との繋がりは、赤ちゃんが産まれてから変わってしまったことでしょう。今のママやパパの生活はこれまでの生活と違うでしょうが、ママやパパの好きな人々やサポートをしてくれる人々とのつながりも大事ですね。

近所の公園で会ったご両親やママやパパが関心を持つグループのご両親たちとかかわりを持ってみましょう。近所の図書館やコミュニティーセンターなどに行ってみるのがお勧めです。

毎日の生活が忙しくて、自分の時間を作るなんてことができない。そんな時はママやパパが喜んで普段やっていること、趣味、運動や友達と会うことを優先しましょう。お友達と会う時には赤ちゃんを連れて行ってもいいですし、一時保育や一時預かりをお願いできる託児所、ベビーシッターさんに赤ちゃんのお世話をお願いして大人だけの会話を楽しむのもいいでしょう。ママやパパが赤ちゃんも連れて行けば、お友達は赤ちゃんにも会えるので喜んでくれるでしょう。

楽しいパーティーの計画を
赤ちゃんの1歳の誕生日はもうすぐです。ママやパパは家族やお友達を呼んでお誕生パーティーを計画しているかもしれませんね。赤ちゃんが1歳になるこの特別な日とパパとママが親となった1周年記念を盛大にお祝いしましょう。でも、準備が忙しくてストレスになってはいけません。SNSで見られるような完璧なパーティーを計画する必要はありません。赤ちゃんは人生の最初のロウソクを吹き消してくれるでしょうか?大勢の人が周りいるパーティーの雰囲気を喜ぶ赤ちゃんがいれば、そうでもない赤ちゃんもいるので、赤ちゃんが疲れないようにしてあげましょう。

赤ちゃんの誕生日パーティーを準備するにあたり、思い出になるような何か特別なテーマを考えていますか? 室内の色の配色とか赤ちゃんが好きな電車、動物、お姫様などでもいいでしょう。テーマを決めることで飾りやスナック類を決めるのがちょっとは楽になりますね。一生の思い出となる写真をたくさん撮って、赤ちゃんと一緒に楽しいお祝いを楽しみましょう!お誕生日の準備で頑張ったママやパパにとっておきの1枚を!

Flexible banner

今、あなたにオススメ:

生後11か月のチェックリスト

少し落ち着く時間ができたら、生後12か月の赤ちゃん について詳しく調べておきましょう。

誕生日パーティーの計画を立てましょう。初めてのお誕生日パーティーを計画しませんか? 安全対策バッチリの楽しいパーティーを成功させましょう!記念日をお祝い する楽しい方法を紹介します。

パンパースのすくすくポイントをためていないママやパパはいらっしゃいますか?パンパースすくすくギフトポイントプログラムのアプリ でポイントをためて素敵なギフトと交しましょう。1パック買っただけで交換できるギフトもありますよ★

子育てに関する情報やパンパースの情報をメールマガジンでお届けしています。ぜひ登録してくださいね。