Your baby is the size of a cantaloupe

妊娠34週目: 妊娠34週目の赤ちゃんの成長

妊娠34週目の赤ちゃんはさらに大きくなり、ママのおなかの中で身動きができないぐらいの大きさになっています。赤ちゃんの動きが少し変わったことに気がついたママもいるのではないでしょうか?これまでのように動きに活発さはないけれども、赤ちゃんが伸びをしたり、ピクピクと動くのを感じることができますね。

妊娠34週目の赤ちゃんは下に移動して、骨盤の中に入ってきます。妊娠34週目の始めか次の週ぐらいにママが妊婦健診や超音波検診を受けると、ママのおなかの中で赤ちゃんが頭を下にした状態にいることが判ります。赤ちゃんもママのおなかの中で、出産 に備えて準備をしているのですね。

出産予定日は1日1日と近づいてきています。赤ちゃんを迎える準備はどこまで進んでいますか?クイズに答えながら、確認していきましょう。

生まれてくる赤ちゃんが男の子の場合、精巣が陰嚢内まで下りてきている時期でしょう。ただ、一つしか下りていない、または全く下りていない場合もあります。このような場合、生後6ヵ月 頃まで様子を見てみましょう。

妊娠34週目の赤ちゃんの大きさは

妊娠34週目の赤ちゃんは、メロンぐらいの大きさになっています。頭からつま先までの体長は30cmぐらい、体重は2Kgぐらいでしょう。妊娠34週目の赤ちゃんの位置を下の図で紹介します。

妊娠34週目

妊娠34週目のママの体

妊娠34週目は妊娠何ヵ月目なのでしょう?妊娠期間は必ずしもカレンダー上の週や月と一致するわけではありません。ずれが出てくることもありますが、今のママは妊娠9ヵ月目ぐらいです。

妊娠34週目を過ぎたら、前駆陣痛のサインにも注意しておきましょう。妊娠22週目から36週目までの出産を早産(早期産)と呼んでいます。

気をつけたい早産のサインは?

  • 下腹部のけいれん。下痢を伴うこともある。

  • おりものの量が増える。

  • おりものの変化。水っぽくなったり、血が混じったり、ねばっこいおりものが出るようになる。

  • 背中の下の方に常に鈍痛を感じる。

  • 規則的または不規則な子宮の収縮。

  • 破水。流れる量が多いこともあれば、少量ずつチョロチョロと流れる場合もある。

妊娠34週目のママは、これらのサインに注意しておきましょう。双子などの多胎妊娠をしているママは、単胎妊娠のママよりも約50%の確率で早産になる可能性が高いと言うことを覚えておきましょう。

妊娠や出産について、判らないことや質問があれば、お医者さんに聞くようにしましょう。多胎妊娠 についても、調べておきたいですね。

妊娠34週目: ママの症状

妊娠34週目のママは以下の症状を経験することがあります。

  • 前駆陣痛(ブラクストン・ヒックス収縮): 出産予定日が近づいてきました。不規則で痛みを伴わない子宮の収縮が強くなったり、頻繁に感じることはないでしょうか?このような子宮が収縮する感覚を不定期に感じても、心配することはありません。 姿勢を変えると、自然に収縮が収まっていきます。ただ、収縮が強くなって、収縮の間隔が短くなったり、痛みが強まる時は、早産になりかけている可能性もあります。すぐにかかりつけのお医者さんに連絡しましょう。 気になる症状が出てきた時にはお医者さんに相談するのがベストですが、ママやパパも前駆陣痛と本陣痛の違い を知っておくと、万が一の時に安心ですね。

  • 大きくなったおっぱい妊娠後期 に入りました。ママのおっぱいはさらに大きくなってきたのではないでしょうか。肌が伸びてしまうので、痒みなどの不快な症状が出てきますね。すでに保湿剤などを使って、痒み対策をしているママもいることでしょう。でも、ママのおっぱいをしっかりとサポートしてくれる、ワンサイズほど大きなブラジャーもママの味方になりますよ。デパートやマタニティウェアの専門店などでは、試着してから購入することもできますね。眠る時にも使えるナイトブラやスポーツブラなど色々なマタニティブラがありますよ。妊娠中のおっぱいの変化についても知っておきましょう。

  • 骨盤の痛み:妊娠34週目になると、赤ちゃんは出産に備えて骨盤のほうに下がってきます。骨盤の痛み 、腰や背中の痛みなどの不快感や、膀胱が圧迫されるので頻尿や尿漏れを経験するママもいるでしょう。その一方で、おなかの中の赤ちゃんが下りてくるので、ママの胃や横隔膜、肺への圧迫感がなくなり、呼吸が楽になるのは嬉しいですね。ママが辛かったり痛みを感じる時は、横になって骨盤の痛みを和らげるようにしてくださいね。温かいお風呂でゆっくりと下半身を温めるのも、痛みの緩和に効果があると言われています。色々試してみても効果がない時は、お医者さんに相談してみましょう。

  • 足首や足のむくみ :妊娠中のママの体には色々な変化がありますが、妊娠34週目には足首や足にむくみが出てくることがあります。できるだけ立っている時間を減らすことで、足のむくみが改善すると考えられています。また、座っている時に足をクッションの上に置くのも、足のむくみの改善に効果的です。足のむくみがひどい、座っていられないような時は、妊娠中の足のむくみの解消してくれるマタニティーシューズなどを試してみましょう。

  • 妊娠中の便秘 :妊娠中はホルモンの影響で腸の動きが弱くなります。妊娠中の便秘の理由は様々ですが、いずれにしても便秘は辛いですよね。十分な水分とプルーン、根菜類、豆類、キノコ、海藻、玄米などの食物繊維を多く取るように心がけましょう。また、ウォーキングなどの適度な運動は腸の動きを促進するので、便秘の解消に繋がります。また、1回の食事量を少なくし、何回かに分けて食べるのも消化吸収に良いと考えられています。

妊娠34週目: ママにやってほしいこと・気をつけてほしいこと

  • 待ちに待った赤ちゃん。赤ちゃんが生まれると、これまでの生活がガラッと変わってしまいますね。上の子にとっては家族が増えると言う喜びと戸惑いで、どう対応していいのか分からないことも出てくるかもしれませんね。生れてくる赤ちゃんも大切ですが、上の子へのケアも同じように大切です。上の子が赤ちゃんに嫉妬などしないで新しい家族の一員として受け入れてくれるよう、上の子への気配り を忘れないようにしてあげましょう。上の子の年齢に応じて、赤ちゃんがどうやって生まれるのかなど話してあげるのもいいでしょう。上の子たちに出産前の読み聞かせに使えるような絵本なども出ています。このような本を読んであげることで、上の子も新しい赤ちゃんがやって来た後の生活をイメージすることができるかもしれません。生まれてくる赤ちゃんのベビー用品を購入する時に、上の子の意見を聞くのもいいアイデアですね。自分が頼られていると、上の子の自尊心を育てるのに役立つでしょう。赤ちゃんが生まれたら、ママは上の子に十分かまってあげる時間が取れなくなるはず。でも、上の子と一緒にお世話をしたり、上手にできたら褒めてあげたり、赤ちゃんがお昼寝をしている間に上の子とスキンシップを取るなど色々と工夫して、上の子のケアも忘れないようにしてあげましょう。

  • カルシウムは赤ちゃんの丈夫な骨と歯の形成に役立ちます。妊娠中はママとおなかの中の赤ちゃんのために、十分なカルシウムを取るようにしましょう。妊娠ママ向けのサプリの中にはカルシウムも含まれますが、カルシウムを多く含む食材を積極的に取るようにしましょう。カルシウムは、牛乳、チーズ、ヨーグルトなどの乳製品、ししゃもやメザシなどの骨ごと食べられる小魚、豆腐や納豆などの大豆製品、小松菜、水菜やブロッコリーなどの野菜類、ひじきなどの海藻類に多く含まれます。乳糖不耐症のママでもカルシウムを取れることは嬉しいですね。妊娠中に必要なカルシウム を参考にしてくださいね。 また、お医者さんにママが十分なカルシウムを取れているかも確認してみましょう。取れていないようであれば、カルシウムを含むサプリや食生活の改善についてアドバイスをくれるでしょう。

  • 出産の日が近づいてきました。赤ちゃんが生まれる季節も考慮して、慌てることのないように早めに入院バッグを準備しておきましょう。パンパースはママが入院に必要な物、産まれた赤ちゃんに必要な物をリストアップしました。詰め忘れているものはないでしょうか?出産や出産後に必要な物のチェックリスト をもう一度確認しておきたいですね。

  • ママが入院中の家族の食事はどうする?時間に余裕があるママは、この時期に少しずつ、食事の作り置きをしておきましょう。冷凍保存をしておけば、ママが入院をしていても大丈夫ですね。産後は赤ちゃんのお世話でママは買い物や食事作りが難しくなるかもしれません。栄養バランスの取れた食材や食事を提供してくれる、妊娠中や産後のママにお勧めの食材・食事宅配サービスもあります。どのような食材・食事宅配サービス業者があるかを調べてみましょう。

  • ママにあった出産の方法 はすでに考えていますか? まだ決めていないママは、そろそろ考えてみましょう。ママの妊娠の経過も考慮して、お医者さんともに相談しましょう。無痛分娩を希望するママは、無痛分娩についても調べてみましょう。

妊娠34週目: お医者さんに聞いてみましょう

  • 赤ちゃんの体勢や位置に問題ない?

  • 赤ちゃんが逆子と判明。頭が下を向く確率は?

  • 出産予定日が近いのに逆子の状態。お医者さんのアドバイスは?

  • 腰痛や背中の痛みに効果的な運動やストレッチは?

妊娠34週目: チェックリスト

  • 生まれてくる赤ちゃんに必要なベビー服やベビー用品 は全て揃っていますか?

  • チャイルドシートはもう購入済みですか?まだ購入していないママとパパは、チャイルドシートの種類や機能を調べてみましょう。

  • 身内や親しいお友達が出産後のお見舞いに来てくれるのは嬉しいけれども、あまり多くの人に来られると疲れてしまうのも事実。ママや赤ちゃんが疲れてしまわないよう、お見舞いに来てくれる人たちと訪問日時などを話し合っておきましょう。

  • 赤ちゃんの名前は決まりましたか?名前は一生ついて回るもの。「こんな子供に育ってほしい」「こんな人生を歩んでほしい」との願いを込めて、赤ちゃんも気に入ってくれるような素敵な名前を考えてあげましょう。

  • 生まれたばかりの赤ちゃんと一生思い出に残る記念撮影をしたい!そんなことを考えているママやパパもいることでしょう。自宅近くにどのようなフォトスタジオがあるのかを探してみましょう。お宮参り、お食い初め、ハーフバースデー、七五三の写真など赤ちゃんの成長記録を残していきましょう。衣装選びやヘアメイク。考えただけでもワクワクしますね。

  • 待ちに待った赤ちゃんと会えるのはもうすぐ!必要なベビー用品は全部そろっていますか?種類がたくさんありすぎて、何が本当に必要なのか迷ってしまいますね。パンパースが先輩ママやパパの意見を参考に、本当に必要なベビー用品 をリストアップしました。是非、参考にしてくださいね。

  • パンパースは妊娠各週のアドバイスを掲載したメールマガジンをお届けしています。是非登録してみてくださいね。

本記事の内容につきまして
本記事に掲載されている情報は、信頼のおける医療機関や政府機関からの情報にもとづいたものです。 参考及び参照のリンクにつきましては、以下をご参照ください。
また、掲載された内容につきましては十分な注意を致しておりますが、医療従事者などの専門的な意見に取って代わるものではありませんので、ご注意ください。
診断や治療法につきましては、必ず 医療従事者などの専門的な意見を聞いていただきますよう、お願い申し上げます。

registration