Your baby is the size of a cabbage

妊娠30週目: 妊娠30週目の赤ちゃんの成長

おなかの中でリズミカルな動きを感じましたか?それはもしかしたら、赤ちゃんのしゃっくりかも!

おなかの中の赤ちゃんは胎脂と呼ばれる脂肪で覆われています。胎脂はおなかの中の赤ちゃんの肌を守り、潤いを与えています。赤ちゃんは自分で体温調整ができないので、胎脂には赤ちゃんの体温を調節する働きもあると言われています。

赤ちゃんの肌を覆っている胎毛と呼ばれる産毛は、妊娠30週目になると薄くなってきます。ママの赤ちゃんには産まれる時にどのくらい胎毛が残っているでしょうか。胎毛が、肩、背中や耳部分に残ったまま産まれてくる赤ちゃんもいます。

髪の毛はと言うと、髪の毛がフサフサで産まれてくる赤ちゃんもいるんですよ。妊娠30週目頃の赤ちゃんの髪の毛は長く伸びて、太くなっています。さあ、ママの赤ちゃんは髪の毛がフサフサの状態で産まれてくるでしょうか?今から楽しみですね!

双子を妊娠しているママもいるでしょう。妊娠30週目のママは単胎妊娠と何が違うのでしょう。多胎妊娠 について調べておきましょう。

妊娠30週目の赤ちゃんの大きさは?

妊娠30週目の赤ちゃんの大きさは キャベツぐらいです。赤ちゃんの頭からお尻までの平均身長は27センチメートルほど、平均体重は1,360グラムほどになっています。妊娠30週目の赤ちゃんの位置を下の図で紹介しています。

妊娠30週目

妊娠30週目のママの体

妊娠期間は妊娠30週目となり、妊娠後期に入りました。ママは今、妊娠8ヵ月目 ぐらいですね。妊娠週と妊娠月の数え方にはズレがあるので、このような表現になっています。

出産予定日が近づいてくると、妊娠中のママはますますストレスや不安を感じるようになります。ママの精神状態や、体調に気をつけることはとても大事です。リラックスすることでママの気持ちが落ち着いてきますね。ママはどんなリラックス方法を試していますか?

マッサージを受けたり、目を閉じて好きな音楽を聴いたり、マタニティヨガ でリラックスするママもいるでしょう。気晴らしができない、何をやっても全く効果がないと感じる時は、お医者さんに相談したり、パパにママの感情を率直に伝えるようにしましょう。

妊娠30週目のママの症状

妊娠30週目のママは以下の症状を経験することがあります。

  • ブラクストン・ヒックス収縮(前駆陣痛):妊娠中のママが腹部に張りを感じる場合、ブラクストン・ヒックス収縮あるいは前駆陣痛の症状が出ているのかもしれません。 子宮が収縮することでママの体が出産への準備をしているのですが、陣痛には繋がりません。1日の終わりにママが疲れていたり、水分が不足している時によく見られる症状です。ママの出産予定日が近づくにつれて、 ブラクストン・ヒックス収縮を強く感じるママもいます。ママが感じているのがブラクストン・ヒックス収縮なのか、本陣痛なのかを自分では判断するのが難しいですね。妊娠30週目に子宮の収縮やけいれんを感じたとき、ブラクストン・ヒックス収縮なのか本陣痛なのか、もしくは全く違うものなのかが判らない時には、お医者さんに連絡をして症状を診てもらうようにしましょう。

  • 皮膚のかゆみ:妊娠30週目あたりに、ママの体重が増加しておなかが大きくなると、肌にかゆみが出てくることがあります。ママの皮膚が伸びて、乾燥することが原因です。肌が乾燥しないようにしっかりと保湿ケアをして、十分に水分を採るようにしましょう。 妊娠中の肌のかゆみを参考にしてみましょう。

  • 下痢の症状:妊娠中、いつでもなる可能性のある症状です。下痢の症状が出た時は、十分な水分補給を心がけましょう。妊娠中にも安心して飲める、市販の下痢止めの薬を処方してもらえるかなどをお医者さんに聞いてみましょう。

  • 息切れの症状:大きくなった子宮がママの胃や直腸、横隔膜を上に押し上げます。すると、肺が圧迫されて、息切れするようになります。出産予定日の1~2ヵ月前になると、おなかの中の赤ちゃんが骨盤まで下りてくるので、ママの肺への圧迫は少なくなってくるでしょう。ママの呼吸が楽になるまでもう少しです。急な動きは避けて、肺が圧迫されないように背中を真っすぐにして座るようにしましょう。胸の痛みや息苦しさがひどくなるようであれば、すぐにお医者さんに連絡するようにしましょう。

妊娠30週目: ママにやってほしいこと・気をつけてほしいこと

  • お医者さんが問題ないと言ってくれたら、赤ちゃんが産まれる前にパパやお友達と旅行を計画してみるのはどうでしょう。妊娠中の旅行 を参考にして、旅行中に気をつけたいことなどを知っておきましょう。

  • 妊娠中はいつでも赤ちゃんの成長とママとおなかの中の赤ちゃんの健康のために、バランスがよくて栄養豊富な食生活が非常に大切です。 妊娠中に大切な栄養素の1つはカルシウム。カルシウムは赤ちゃんの骨と歯を強くする大切な成分です。妊娠中のママに必要な1日のカルシウムは 1,000 ミリグラムと言われていますが、ママが必要な分量を取れていなければ、お医者さんがサプリメントを飲むようにと勧めるかもしれません。ヨーグルト、プロセスチーズ、干しエビやししゃも、濃い緑の葉物野菜野菜、カルシウムが強化されたシリアルやジュース、アーモンド、などカルシウムを多く含む食品を積極的に取るようにしましょう。妊娠中に非常に大切な妊娠中のカルシウム を取る方法について、お医者さんにも聞いてみましょう。

  • おなかの中の赤ちゃんの胎動を感じることで、ママは赤ちゃんが日ごとに元気に育っているのだと安心できますね。妊娠30週目に入ったら胎動カウントを勧める専門家もいます。妊娠には個人差があります。いつから、どのような方法で胎動カウントをすればいいのかをお医者さんに聞いてみましょう。 おなかの中の赤ちゃんが活発に動く時間帯を見つけ、2時間で何回胎動を感じるかを数えてみましょう。普段よりも胎動を感じる数が少なくても、おなかの中の赤ちゃんに問題があるわけではありません。ただ単に眠っているだけのこともあります。胎動について心配や不安があれば、お医者さんに相談しましょう。

  • ベビーシャワーの幹事さんから、ベビーシャワーのお祝いに欲しいもののリストを作るように、とせがまれていますか?幹事さんがギリギリに招待状を送らなくてもすむよう、時間の余裕をもってウィッシュリストを仕上げたいですね。産まれてくる赤ちゃんに必要なもの全部がウィッシュリストに入っていますか?必需品チェックリストを読んで確認してみましょう。

妊娠30週目: お医者さんに聞いてみましょう

  • これから出産までの数ヵ月間、かかりつけのお医者さんが休暇などで連絡が取れない時は誰が代わりに担当してくれるのか、確認しておきましょう。

  • 妊娠30週目か妊娠後期中に赤ちゃんの 3D や4D超音波検査(エコー検査)は必要なの?

  • バースプランを書いたほうがいい?

  • 妊娠中に癒着胎盤 と診断されたママがいるかもしれません。妊娠後期の時期に気をつけるべきことや帝王切開の可能性についてお医者さんに確認しておきましょう。

妊娠30週目: チェックリスト

  • 万が一の際に赤ちゃんを預かってくれる施設や頼れる人について、ママは今のうちに考えておきたいですね。情報を集めたり、ベビーシッターと面接をしたり、保育園や一時預かりの施設を訪問したり、何かの時に家族に助けてもらうように頼んでおくと、赤ちゃんが産まれた後のママの不安も少しは減るでしょう。お医者さん、信頼できるお友達やパパにお勧めの方法があるかを聞いておきましょう。

  • ママの出産後、お友達や家族がママを手伝ってくれようとするでしょう。ママの代わりにやってもらえそうな家事や課題などを書き出しておきましょう。上の子供のことを考えて冷凍庫に保管できそうな料理を作ってもらうとか、食材の買い出し、ペットのお世話などが考えられますね。

  • 車を持っているママは、病院から赤ちゃんを家に連れて帰る時やその後のチャイルドシートのことを考えておきましょう。色々なタイプのチャイルドシートがあって迷ってしまいますね。赤ちゃんが産まれる前に購入して、後部座席にきちんと取り付けておきたいですね。

  • ママの大きなおなかの写真を載せた大切な思い出になるマタニティアルバムを作ってみましょう。

  • これからベビーカーやベビーベッドなど、赤ちゃんに必要なベビー用品を購入して行かなくてはなりません。様々な機能を持つ製品が出ていて、どれを購入すればいいのか、迷ってしまいますね。普段からパンパースのおむつを使うママやパパのおススメのベビー用品 をリストアップしました。ベビー用品購入の際に、お役に立てれば幸いです。

  • 妊娠各週の大切なアドバイスが載っているニュースレター送付に登録しましょう。

本記事の内容につきまして
本記事に掲載されている情報は、信頼のおける医療機関や政府機関からの情報にもとづいたものです。 参考及び参照のリンクにつきましては、以下をご参照ください。
また、掲載された内容につきましては十分な注意を致しておりますが、医療従事者などの専門的な意見に取って代わるものではありませんので、ご注意ください。
診断や治療法につきましては、必ず 医療従事者などの専門的な意見を聞いていただきますよう、お願い申し上げます。

registration